丸紅情報システムズ、IoTデバイス向け軽量暗号「Speck」に対応する暗号鍵保護ソフトウェアを提供

丸紅情報システムズ株式会社(以下、エムシス)は、IoTデバイス用に採用が広がる軽量ブロック暗号「Speck」に対応した暗号鍵保護ソフトウェアの提供を開始する。

今回提供を開始する暗号鍵保護ソリューションは、2017年よりエムシスが取り扱う米whiteCryption社製ソフトウェアSecure Key Boxの最新版「Secure Key Box 5.13.0」だ。

Secure Key Boxは、暗号鍵を平文に変換することなく暗号機能を使用可能にするホワイトボックス暗号実装技術により、暗号鍵の盗用を防ぎ、アプリケーションソフトウェアをハッキングやリバースエンジニアリング、マルウェアによる攻撃から守るセキュリティソフトウェア。最新版では、軽量暗号(Lightweight Cryptography)である「Speck(スペック)」に対応した。

通常の暗号はリソースに制約のない環境での使用を想定したもので、メモリや処理能力に制限のあるIoTデバイスでは利用が難しく、またコネクテッドカーでは低遅延が求められるなどの理由により、少ないリソースでも暗号処理が可能な軽量暗号が不可欠だ。

アメリカ国家安全保障局が2013年に発表したSpeckは暗号化および復号化に高い処理能力を必要とせず、かつ高速だ。

Speckを採用するIoTデバイスメーカーは、コネクテッドカー、医療機器、スマートメーター、ホームオートメーションなどのアプリケーションにSecure Key Boxを採用することで、IoTデバイスとアプリケーションを結ぶ通信からのデータ流出や、アプリケーションの不正操作を防ぐことが可能になると期待される。

【関連リンク】
製品紹介サイト

Previous

金沢工業大学、脳波を使った生体認証で98%の精度を実現

IDC、2022年の世界ウェアラブルデバイス出荷台数は1億9,976万台と予測

Next