IDC、2022年の世界ウェアラブルデバイス出荷台数は1億9,976万台と予測

企業:

【概要】
■2022年の世界ウェアラブルデバイス出荷台数は1億9,976万台
■世界ウェアラブル市場はスマートウォッチ中心の市場へと推移
■国内市場は法人需要が相対的に強く、2022年は全体で合計124.8万台と予測

トップ画像:世界ウェアラブルデバイス タイプ別出荷台数予測および年間平均成長率(CAGR)(タイプ別、単位: 百万台)

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社は、ウェアラブルデバイスの2022年までの世界/国内出荷台数予測を発表した。

IDCの最新の予測によると、2018年は全世界で前年比8.2%増の1億2,489万台の出荷が見込まれる。この成長率は2017年が10.3%であったのに比べ低下しているが、2019年から2022年にかけてはスマートウォッチや他のウェアラブルデバイスの人気が高まると見込まれるため、10%以上の成長をIDCは予測しており、2022年は1億9,976万台の出荷と予測している。

IDCによると、スマートウォッチは、今日よりもはるかに多くの機能を搭載することになるという。手首装着型の典型的なウェアラブルデバイス以外にも、耳掛け型デバイスが成長へ向かいつつあるとIDCでは予測。これはスマートアシスタントに対する関心が高まることで、多くのブランドが投資を始めていることによるものだという。

例えば、クアルコムのこの分野向けに設計された次世代半導体は、これらのブランドに製品開発のためのソリューションプラットフォームを提供することでこの分野の成長を促進すると期待される。また、センサーを備えた衣類型デバイスも、2022年にはそのシェアが倍増すると予測される。

IDC、2022年の世界ウェアラブルデバイス出荷台数は1億9,976万台と予測
国内ウェアラブルデバイス タイプ別出荷台数予測および年間平均成長率(CAGR)、(タイプ別、単位: 万台)

一方、国内市場の2018年の年間出荷台数は合計85.6万台、2022年は124.8万台と予測される。タイプ別で見ると、腕時計型が2022年は合計81.6万台と市場の大半を占める他、リストバンド型も37.7万台と安定的なプレゼンスを維持するとみられ、全体としては9.9%の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)が見込まれる。

次ページ:商品タイプ別の動向(世界)

Previous

丸紅情報システムズ、IoTデバイス向け軽量暗号「Speck」に対応する暗号鍵保護ソフトウェアを提供

ソフトバンク、準天頂衛星「みちびき」による測位が可能なサービスを法人向けに提供開始

Next