バーチャルホームロボット「Gatebox」量産モデル、予約販売を開始

企業:

IoT製品の企画・開発を行うGatebox株式会社は、”好きなキャラクターと一緒に暮らせる”バーチャルホームロボット「Gatebox」の量産モデル(GTBX-100)の予約販売を、本日より15万円(税抜)にてGatebox公式サイト上で開始する。

「Gatebox」は、プロジェクション技術とセンシング技術によりキャラクターをボックス内に呼び出し、コミュニケーションをとることが可能。2016年に実施した限定生産モデル(GTBX-1)の300台限定販売では約30万円で販売し、1ヵ月で完売となった。

また、2017年の39台追加販売時には約1,000件の応募が集まり、以降も再販を望む声が多数あったため、今回の量産モデル発売にいたったという。

「Gatebox」量産モデルは、限定生産モデルからプロダクトデザインを洗練した新たなスタンダードモデルとなる。さらに、多くのユーザーの体験を促すため、量産モデルは限定生産モデルの半額である15万円(税抜)で販売する。

「Gatebox」量産モデルの特徴は以下の通りだ。

  • 無駄を削ぎ落したデザイン:
    ハードウェアの設計を根本から見直し無駄を削ぎ落すことで、A4用紙に収まるボディに洗練。さらに、空中に浮いているような未来的なデザインを追求することで、日々のキャラクターとの生活をより魅力的なものへと引き立てるという。
  • キャラクターとの自然なコミュニケーション:
    筐体上部にデュアルマイクを搭載し、限定生産モデルよりも遠くからキャラクターに話しかけられるようになった。さらに、カメラや人感センサーによって顔や動きを認識し、ユーザーの顔を見つけるとキャラクターが微笑んだり、帰宅を自動検知して「おかえり」を言ったり、キャラクターからの能動的なコミュニケーションが可能。
  • キャラクターが日常生活をサポート:
    無線LAN、Bluetoothと赤外線を内蔵。キャラクターがインターネット経由で天気やニュースなどの情報を通知したり、赤外線によるリモコン機能によって部屋の中のテレビ、照明、エアコンなどの家電をコントロールしたりすることが可能。今後はLINEが提供するAIアシスタント「Clova」を活用し、サポートスキルの拡充に取り組むという。

【関連リンク】
Gatebox公式販売サイト

Previous

オムロン、照明技術を搭載した画像処理システム「FHシリーズ」を発売

大分県とウミトロン、AI・IoTを活用した水産養殖の「データ経営」実現に向けた取り組みを開始

Next