NEC、通信トラフィックを制御する「Traffic Management Solution」を5G向けに強化

NECは、通信トラフィックを高度に制御することで、利用者の体感品質向上や通信事業者の効率的なネットワーク運用を支援するソリューション「Traffic Management Solution」(以下、TMS)を、次世代無線通信規格5G向けに強化し、本日より発売する。

高速・大容量通信を実現する5Gの実用化には、無線区間のみならずコアネットワークの高速化が求められる。また、5Gの実用化後は、4Gや5Gなど通信速度が異なるネットワークが混在するため、ハンドオーバー(端末が移動中に通信する基地局を切り替えること)時のネットワークの安定性確保も求められる。

今回の強化では、TMSを構成するソフトウェアを一新し、性能・分析精度の向上を図ると共に、ネットワーク状況の変動に応じて制御する機能である「Dynamic TCP Optimization」の対応範囲を5Gbps以上の高速域まで拡大する。

  • 5Gbps以上の超高速域において約24%のスループット向上を実現
  • 5Gから4Gへのハンドオーバー時のダウンロード時間を約27%短縮
  • 4Gから5Gへのハンドオーバー時の最高速度への到達時間を約64%短縮
NEC、通信トラフィックを制御する「Traffic Management Solution」を5G向けに強化
5Gネットワークにおけるスループット向上
NEC、通信トラフィックを制御する「Traffic Management Solution」を5G向けに強化
5G⇒4Gハンドオーバー時のダウンロード時間短縮
NEC、通信トラフィックを制御する「Traffic Management Solution」を5G向けに強化
4G⇒5Gハンドオーバー後の加速度向上

なお、TMSは4G環境においても通信品質向上に対応するものであり、4G向けに導入したTMSは、5Gに移行後もそのまま利用できる。

Previous

GMOクラウドが工場向けAI業務効率化サービスを開始。古いメーターもスマホで手軽に点検・自動記録が可能に。

isaax、IoTエンジニアを6ヶ月で育成するキットを提供開始

Next