CAC、”感情認識AI”で自動車乗員のリアルタイム感情分析を行う「Automotive AI」の提供を開始

感情認識AIのサービスを提供する株式会社シーエーシー(以下、CAC)は、リアルタイムで自動車の乗員の感情分析が可能な車内センシングAI「Automotive AI」を本日より提供開始する。

「Automotive AI」は、自動車内に搭載したカメラやマイクを利用して、運転者や同乗者の表情データと音声データを収集し、それらを基にリアルタイムで乗員の感情を分析するサービス。

Affectiva, Inc.(以下、Affectiva社)が開発した車内センシングAIであり、ディープラーニングを利用した表情と感情のデータベースとAffectiva社独自のアルゴリズムにより高い感情分析精度を発揮する。

「Automotive AI」の特徴は以下の通りだ。

  • 車内に設置したカメラとマイクから映像や音声を収集し、マルチモーダルな感情分析を実現。映像に映っている人物の表情(形や動き)を分析し、マイクからは発話者の音声(トーン、テンポ、音量など)を分析する。
  • 外部ネットワーク接続を必要としないローカル処理モードでの使用が可能。
  • RGB/近赤外線カメラの利用が可能なため、逆光や暗闇などでも運転者の表情を正しく検知できる。
  • ディープラーニングによる画像認識技術を用いて、顔画像から表情や感情を分析する。

また、「Automotive AI」には以下の分析指標がある。

  • 4つの感情値: 喜び、怒り、驚き、Valence(肯定的表情/否定的表情)
  • 8つの表情値: 笑顔、眉を上げる、眉間にしわを寄せる、頬を上げる、上唇を持ち上げる、鼻にしわを寄せる、目を閉じる、口を開ける
  • 3つの眠気に関する指標: あくびをする、瞬きをする、瞬きの頻度
  • 顔の向き・角度: 上下、左右、前後の向き
  • 3つの音声感情: 怒り、笑い、興奮

【関連リンク】
シーエーシー(CAC)
AFFECTIVA

Previous

ジャパンディスプレイ、鏡がディスプレイに変化するIoTドア「FULL HEIGHT MILAOS」を開発

丸紅情報システムズ、IoTゲートウェイと多様なセンサーをセット販売

Next