オプティム・ランドログ・コマツ、 「平成30年7月豪雨」の災害支援でドローン測量を無償で実施

株式会社オプティムと株式会社ランドログ、コマツの3社は、「平成30年7月豪雨」の災害支援として、自治体へ向けて、被災状況の把握を目的としたドローン測量の無償提供を8月3日より開始した。なお、同支援は、オプティムの「DRONE CONNECT」と、コマツの「EverydayDrone」から提供される。

同支援を活用することで、人員を割り当てることなく、被災状況を素早く可視化・把握することができる。申込期間は、本年9月3日までとなっている(予定)。

各社の役割は以下の通りだ。

  • オプティム:ドローンパイロットシェアリングサービス「DRONE CONNECT」に登録しているプロフェッショナルドローンパイロットの無償派遣
  • ランドログ:データプラットフォームの無償提供
  • コマツ:3D現況測量データ生成サービス「EverydayDrone」とスマートコンストラクションアプリの無償提供

【関連リンク】
申込みフォームURL

Previous

小田急不動産がKDDIと業務提携、ホームIoTサービスを提供開始

平山とJIG-SAWが協業、中堅中小企業規模の製造業向けに「現場改善支援サービス」を販売開始

Next