平山とJIG-SAWが協業、中堅中小企業規模の製造業向けに「現場改善支援サービス」を販売開始

株式会社平山とJIG-SAW株式会社は、製造業向けのサービスの分野で協業し、中堅中小製造業向けに「現場改善支援サービス」のサービスを本日から両社で提供開始する。

平山は「人に付いた技術で日本のモノづくりを支援する」をコンセプトに、TPSを基盤とした独自の「現場改善コンサルティングサービス」を国内外で提供している。

同サービスは、平山のコンサルタントが製造現場を調査・分析し、トヨタ生産方式の「見える化」の考えに基づき改善策を提供する「現場改善コンサルティングサービス」と、JIG-SAWの「製造業向けIoTデータ管理サービス Loop/Loop Edge」、および「工場データ状態監視サービス」を組み合わせて提供する。

これにより、現場の品質と生産性向上、納期遵守に必要な生産状況と設備稼働状況の見える化を行いIoTシステムを構築するととともに、継続的な現場改善まで支援する。

具体的には、まず平山のコンサルタントが、1日間で現場診断を実施し現場の状況を診断、分析、課題を簡易レポートし改善案を作成。その後、工場内で利用されている設備や機器類のデータ取得を目的とした分析し最適なデータ活用やIoTサービスの導入指針をつくる。

【関連リンク】
平山(HIRAYAMA)

Previous

オプティム・ランドログ・コマツ、 「平成30年7月豪雨」の災害支援でドローン測量を無償で実施

IoT人気記事ランキング|ここまでできる、3Dプリンティングでの製造 -ストラタシス・ジャパン 代表取締役社長 片山氏インタビューなど[7/30-8/5]

Next