アリオン、IoT向け無線通信規格「LoRaWAN」の認証プログラムを開始

総合的な第三者検証ソリューションを提供するアリオン株式会社は、アリオン台湾ラボが「LoRa Alliance」よりAuthorized Test House(ATH:第三者認証試験機関)としての認定を受けたことを発表した。

これに伴い、アリオンは2018年8月よりLoRaWAN認証対応の全地域(欧州・米国・韓国・日本含むアジア10カ国)を対象とした認証プログラムを開始。認証を取得することで、LoRaWANロゴマークの使用が可能となる。

アリオンではLoRaWAN認証プログラムの実施に加え、IoTに関連する総合検証やデバッグ支援サービスを提供している。顧客の製品が持つ潜在的な課題に対し、市場販売前の段階で解決へと導く支援を行う。

対応している認証地域 (周波数帯域)は以下の通りだ。

  • ヨーロッパ:EU 863-870MHz
  • 北米(米国及びカナダ):US 902-928MHz
  • アジア10カ国(日本、台湾、タイ、ベトナム、ニュージーランド、シンガポール、インドネシア、ブルネイ、カンボジア、ラオス):AS 923MHz
  • 韓国:KR 920-923MHz

【関連リンク】
アリオン(Allion)
LoRa Alliance

Previous

OKI、福島市の小学生親子向け「夏休みものづくり工場体験ツアー」を開催

農業×IoT、沖縄県糸満市でKDDIウェブコミュニケーションズが実証実験

Next