東大発AIスタートアップのCorpy&Co.、自動走行ソリューションの研究開発でマクニカと協業

東京大学発AIスタートアップの株式会社コーピー(以下、Corpy&Co.)は、株式会社マクニカ自動走行車の車載カメラを用いた各種認識システムの共同研究開発を行うと発表した。

同パートナーシップでは、Corpy&Co.が強みとする深層学習を用いたマルチモーダル(画像・センサ等)認識技術とマクニカが取り扱う自動走行ソリューション向けハード/ソフトウェア及び各種自動走行ソリューション/サービスを組み合わせる。それにより、顧客に合ったソリューションをワンストップで提供することを目指す。

Corpy&Co.では、今後も自動走行車用認識システムや医用画像認識システム、Web不正検知システム等、AI技術(コンピュータビジョン、自然言語処理、深層学習、ウェブ等)を用いた先端AIシステムの研究開発を、外部企業と連携しながら推進していくとした。

【関連リンク】
コーピー(Corpy&Co.)

Previous

東急電鉄、駅構内カメラを活用した「転落検知支援システム」の運用を開始

西菱電機、プライベートLoRaWAN構築コンサルティングサービスを開始

Next