西菱電機、プライベートLoRaWAN構築コンサルティングサービスを開始

西菱電機株式会社は、プライベートLoRaWAN構築コンサルティングサービスを本日より開始する。

低消費電力で広域・長距離通信を実現するLPWA(Low Power Wide Area)の一つ、LoRaWANが、通信事業者以外も導入できる無線規格として注目されている。

西菱電機は、通信事業者にできる限り依存せず、自社専用のIoT無線網を構築するというニーズに対応するため、創業50年以上培ってきた無線システム構築の知見とLoRaWANを利用したIoTサービスで得たノウハウを活かして、プライベート(自営網)として利用できるLoRaWANの構築コンサルティングを提供するとした。

具体的には、以下のサービスが提供される。

  • ネットワーク設計
  • エリア調査(電波伝搬調査など)、置局検討・設計
  • ゲートウェイの選定、検証、提供
  • ネットワークサーバの検証、構築、提供
  • ゲートウェイ設置工事、ネットワークテスト
  • 運用サポート(デバイスやアプリケーションの選定や接続支援など)

「LoRaWAN」は、無線局免許が不要となる920MHz帯を利用する無線通信規格。西菱電機はLoRa Allianceに参加している。

【関連リンク】
西菱電機(SEIRYO ELECTRIC)

Previous

東大発AIスタートアップのCorpy&Co.、自動走行ソリューションの研究開発でマクニカと協業

バジル生産にIoTを活用、グリーンリバーホールディングスが「スマートファーム」の稼働を開始

Next