IoT人気記事ランキング|スマートドライブが17億円の資金調達、Embedded Technology 2018など[8/6-8/12]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 スマートドライブが17億円の資金調達、コネクテッドカーの新領域を切り拓く —代表取締役 北川烈氏インタビュー

あらゆるモノがつながるIoT時代、クルマもその一つとなる「コネクテッドカー」の分野が注目を集めている。既に、車載センサーから集めたデータによる走行状態の管理やテレマティクス保険などの法人向けソリューションの導入が始まっている。
詳細はこちら

2位 IoT新潮流のコア技術“エッジテクノロジー”がスマート社会を加速する

第4次産業革命と称されるなか、IoT、AIなどの先端技術が日本のあらゆる産業を大きく変えようとしている。産業や経済が様々につながり知識や情報が共有され、新しい価値やサービスが創出されていく。目指すべき未来社会「超スマート社会-Society5.0」に向かう、その真っ只中にある。
詳細はこちら

3位 開催決定!【参加無料&特典付き説明会】IoTアイディアを事業化まで支援! 『北九州でIoT』事業説明会イベント(東京・大手町)参加者募集

IoTをテーマにしたビジネスプランコンテスト【北九州でIoT】が今年も開催される。
詳細はこちら

4位 シーメンスが「Vision2020+戦略」を発表、IoT統合サービスへ投資

シーメンスは、組織の簡素化、スリム化を図り、成長のスピードを加速、収益性を高めることで、長期的な価値を創出するための戦略であるVision2020+を発表した。
詳細はこちら

5位 東急電鉄、駅構内カメラを活用した「転落検知支援システム」の運用を開始

東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)は、駅構内カメラを活用し、ホームから線路へ転落する人物などを自動的に検知して通知するシステムを構築し、本日より田園都市線鷺沼駅上りホームでの運用を開始した。
詳細はこちら

6位 小田急不動産がKDDIと業務提携、ホームIoTサービスを提供開始

小田急不動産株式会社は、KDDI株式会社が提供するホームIoTサービス「with HOME」を小田急沿線内の分譲住宅へ導入し、第1弾として本日より「リーフィア世田谷砧」にてサービスの提供を開始した。
詳細はこちら

7位 OFF Line、「Bluetooth + Lora + GPS」搭載のビーコンで直径10キロの長距離みまもりサービスを実現

「みまもりビーコン」サービスを開発・提供するOFF Line株式会社は本日、これまでのBLE(Bluetooth)技術を用いたビーコンに、LPWAの一つであるLora、およびGPSを搭載し、直径10kmの範囲でビーコンの位置情報を取得する長距離みまもりサービスの実験に成功したと発表した。位置情報からGoogle Mapなどの地図上に徘徊している場所が表示される。
詳細はこちら

8位 農業×IoT、沖縄県糸満市でKDDIウェブコミュニケーションズが実証実験

沖縄県糸満市と株式会社KDDIウェブコミュニケーションズは、本日より地方創生プロジェクト「Cloud ON OKINAWA」の取り組みの一環として、照度・温度を電話及びSMSで通知する農作業支援通知システム「てるちゃん」の実証実験を沖縄県糸満市にて開始する。
詳細はこちら

9位 GMOクラウドが工場向けAI業務効率化サービスを開始。古いメーターもスマホで手軽に点検・自動記録が可能に。

少子高齢化で深刻な人手不足や長時間労働が課題となっている日本の現状、どうすれば「日本のものづくり」は生き残れるか?
AI・IoT活用による業務効率化は、その解決策として大きな注目を集めているが、この夏、効率改善や労働者不足に悩む製造業界にうってつけのAI活用サービス「hakaru.ai(ハカル エーアイ) byGMO」β版提供が発表された。
詳細はこちら

10位 GEのデジタル事業に対する長期的な強いコミットメント

GEは6月26日に、会社の経営に関する大幅な変更を発表した。ビジネス(事業部)による意思決定を重視し、ビジネスのリーダーにツールや責任を持たせて、本社コーポレート部門からの指示ではなくビジネスの現場に近いところから成長やイノベーションを推進してもらうようにした。
詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

IDC、国内IoT市場「データエコシステム」事業者調査結果を発表

NTTデータなど、コールセンターサービスの問い合わせ傾向分析にAIを活用し自動化

Next