NVIDIAのVRソリューションHolodeck、エンジニアリング・建設向け新機能を追加

NVIDIA は、8 月 13 日よりカナダのバンクーバーで開催している SIGGRAPH カンファレスにて、VRソリューション「NVIDIA Holodeck」の新機能を公開する。

追加された機能は以下の通りだ。

Holotable

レビュー、回転および分割のためのツールを使い、podium 上のスケールモデルを机上に表示可能。Materials を使って Autodesk 3ds Max および Maya で作成されたモデルのレイヤを切り替えることできるため、階別および全階のフロアープランをより柔軟に見渡すことができる。

スケールモデル上での照明の大幅変更も可能であるため、それぞれのデザインで光と影の関係を確認することが可能だ。

ワークフローの向上

Dassault Systemes SOLIDWORKS Visualize (2019 年ベータ版が必要)および AEC のより広いフットプリント モデルのインポートが可能。マテリアル パレットが改良されているため、Holodeck のライブラリ マテリアルを編集、保存および再割り当てされる。

これにより、モデルのセットアップをスピードアップさせ、以降の Holodeck でのセッションの準備時間を削減させることが可能。プライベート セッションの作成および参加は、パスコード保護の採用によって、簡略化されている。

ナビゲーションの向上

さまざまなフロアおよび立面図を移動して、あらゆる規模の建物を隅々まで見渡すことが可能。ビーコンを設置して重要なポイントを設定し、大型の多層モデルの周辺を迅速にナビゲートすることができる。

改良された新デザインツール

機能拡張された通信ツールを通じて、コンセプトやフィードバックを共有することが可能。精度と柔軟性の向上のため、ホワイトボードや図面作成、測定といったツールがすべて改良されている。

ビデオと 360 度画像キャプチャのツールが追加されることでライブ録画が可能。ユーザーは、Holodeck 内の完全な機能を持つウェブブラウザーを立ち上げ、参考画像の表示やビデオの再生、さらに Google Hangouts への参加もできるようになる。

Get a Tour of NVIDIA Holodeck

【関連リンク】
NVIDIA Holodeck

Previous

VR空間で遠隔会議ができるビジネスツール 『NEUTRANS BIZ』 ―Synamon CEO 武樋氏インタビュー後編

IDC、国内IoT市場「データエコシステム」事業者調査結果を発表

Next