調理ロボットのコネクテッドロボティクス、東大松尾研発のベンチャーキャピタル「Deep30」より資金調達

「調理ロボットサービス」を開発するコネクテッドロボティクス株式会社は、Deep30を割当先とする増資により3,000万円の資金調達を完了したことを発表した。

「Deep30」は、日本における人工知能(AI)研究の第一人者として知られている東京大学 特任准教授 松尾豊氏の研究室からスピンアウトして設立されたベンチャーキャピタル。深層学習(ディープラーニング)の技術を活用し、世の中に変革を起こしうるシードステージのスタートアップへの投資を行っている。

コネクテッドロボティクスは、飲食店のキッチンでの調理に特化したロボットサービスの提供を行う企業。現在、国内の外食産業では人手不足がますます深刻化しており、調理の省力化や自動化が大きな課題となってきている。

同社はその課題に対し製造業でのロボット製品開発経験から培われてきたロボット制御のノウハウとディープラーニングを活用した画像認識技術の組み合わせでロボットを知能化し、キッチンで働く人々の仕事をサポートし、働く人と食事をする人の両方に喜びを提供するロボットサービスの開発を進めている。

現在、同社ではディープラーニングを活用してたこ焼きの調理具合を判定し、人間のように調理することができる自動たこ焼き調理ロボットサービス「オクトシェフ」をハウステンボスなどに提供。また、ディープラーニングの技術によってさまざまな調理スキルをロボットが実行できるよう「調理スキルのライブラリ化」の開発を進めている。

今回の資金調達と産学連携によって、ディープラーニングの活用に適した社内リソースを整備し、計算環境の充実と技術教育やノウハウ共有の機会の充実によってディープラーニングを用いた開発を促進。また、ディープラーニングに強みや指向性をもった優れた技術者を積極的に採用し育成していくとした。

【関連リンク】
コネクテッドロボティクス(Connected Robotics)
東京大学松尾研究室

Previous

NTTデータなど、コールセンターサービスの問い合わせ傾向分析にAIを活用し自動化

セキド、ポータブル水中ドローン「CCROV」の販売を開始

Next