mtes Neural Networksとジェネラルビジョン、エッジAIソリューション開発の合弁会社を設立

IoT技術開発のmtes Neural Networks株式会社(以下、mtesNN社)は、AIチップ開発の米国ジェネラルビジョン社(以下、GV社)と本年7月にRoboSensing, Inc.(以下、RS社)を米国ハワイ州に設立した。

8月にはRS社東京支社をmtesNN社オフィス内に開設する予定だ。AIチップとIoT技術を共同開発し、エッジAIソリューションを提供する。

mtesNN社とGV社は、同年1月に締結したMOU(基本合意契約)を機にmtesNN社のIoTソリューションのセンサーに搭載できるニューロモフィック AIチップの開発を進めてきた。

現状のAIやIoTソリューションはクラウドAIやGPU(画像処理装置)の利用を前提としている。しかし今後、加速度的にIoT化が進むことでクラウドシステムの負荷やエネルギー使用量が増大することが懸念されている。

RS社は両社が開発を進めるニューロモフィックAIチップ(※)をセンサーに搭載。センサー自体がエッジAIにより情報処理を実行することで、クラウドシステムの負荷を軽減する。

同チップを搭載したセンサー同士がブロックチェーン技術によりつながるRobot to Robot(R2R)の開発を進め、エッジAIによる「クラウドレスIoTプラットフォーム」などの構築を目指す。

RS社は東京とハワイにAIアカデミーを開設し、AIやIoT、ブロックチェーンの専門人材を育成する。

※ニューロモフィックAIチップ:人間の脳を模したアーキテクチャーによりGPUと比較して消費電力が少ないエッジAI専用の半導体。

【関連リンク】
エムテス ニューラル ネットワークス(mtes Neural Networks)
ジェネラルビジョン(General Vision)

Previous

”つながる車”のサービス、安全性・安心感が収益化の近道:IDCが調査

朝日新聞、AIを活用した高校野球戦評記事自動生成システムを開発

Next