5Gの超多数接続に期待、NICTが電波の周波数利用効率を2.5倍改善する技術「STABLE」の屋外実証

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)ワイヤレスネットワーク総合研究センターは、周波数資源のひっ迫状況の解決に向け、周波数利用効率を向上できる新たな無線アクセス技術STABLE(ステーブル)を開発。横須賀リサーチパークで行った屋外伝送実験では、周波数利用効率を2.5倍に向上できることを確認・実証した。

複数アンテナによる空間分割多元接続や端末固有の符号による符号分割多元接続を使うことなく、同一周波数・同一時間領域において5台の端末が同時に小サイズデータ伝送を行い、基地局側で4ミリ秒以下の遅延時間で各端末のデータを復元する新しい無線アクセス技術の開発により達成した。

従来のLTE方式における上り回線では、空間分割を用いない場合、同一周波数で複数の端末からの同時接続はできなかったことから、同研究成果は周波数利用効率の向上につながる。

5Gでは超多数接続と超低遅延を提供する無線アクセス技術は異なる方式として標準化されるが、今回実証した技術は、超多数接続と超低遅延を同時に満たすことを目指すものであり、リアルタイム性を要するコネクテッドカーなどの膨大な数の移動型IoT端末を収容する無線システムの実現が期待される。

同実証は、総務省委託研究開発「多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式の研究開発」にて実施された。

Previous

OKI、無人窓口応対をAIで支援する「CounterSmart」を販売開始

IP-RoBo、AIによる商標類否判定サービスの本格運用を開始

Next