中国深センのCIMC、PTCのThingWorxを基盤としたスマートマニュファクチャリングを推進

中国の物流およびエネルギーの設備メーカーであるChina International Marine Containers(Group)社(以下、CIMC)は、スマートマニュファクチャリングのパイロットプロジェクトである「IoT + MES」の運用を開始。「IoT + MES」は、PTCのThingWorxインダストリアル・イノベーション・プラットフォームを基盤としている。

CIMCは、「Made in China 2025」のコンセプトや、インターネット、ビッグデータおよび人工知能(AI)の実体経済への高度な統合に向けた取り組みを基盤として、イノベーションやスマートマニュファクチャリングの推進に取り組んでいる。

IoTと製造実行システム(MES:Manufacturing Execution Systems)の統合パイロットプロジェクトは、子会社であるQingdao CIMC Reefer Container Manufacture社(QCRC)主導で進めた。

ThingWorxは、QCRCのパイロットプロジェクト全体のプラットフォームとしてMESと接続され、工場の情報やデータアプリケーションを利用するための統合プラットフォームを形成。ThingWorxは、幅広い視覚的運用や主要システムのビッグデータ解析を行うとともに、最終的には工場の運営コストの低減と生産効率の向上を支援する。

ThingWorxは、アプリケーションや拡張現実(AR)体験の開発、展開、拡張を実現するための様々な技術や機能群を備えたインダストリアル・イノベーション・プラットフォーム。物体をデジタルの世界でリアルタイムに可視化するための様々な接続オプション、アプリケーション開発機能群、アナリティクスなどの幅広い機能を提供する。

【関連リンク】
中集集团(CIMC)
ThingWorx

Previous

日立、「地域IoT連携クラウドサービス」を自治体向けに販売開始

IoT人気記事ランキング|マイケル・コース、ブランドのアイコン的ウォッチ“ランウェイ”のスマートウォッチを発売など[8/13-8/19]

Next