近畿大・豊田通商・マイクロソフト、養殖稚魚の選別をAIとIoTで効率化

近畿大学水産研究所、豊田通商株式会社、日本マイクロソフト株式会社は、これまで人手に頼っていた養殖現場での稚魚の選別作業に対し、AIやIoTなどを活用した業務効率化を図る「稚魚自動選別システム」を開発し、実証実験を開始した。

近畿大学水産研究所ではこれまで、「近大マグロ」をはじめとする多くの魚種の養殖研究を行っていたが、その中でもマダイは近畿大学水産研究所における養殖研究の大きな柱の一つとなっている。

現在は研究の一環として近畿大学水産養殖種苗センターでそのマダイ稚魚を生産し、大学発ベンチャーの株式会社アーマリン近大を通じて全国の養殖業者に販売しており、その数は日本の年間生産量の24%、約1,200万尾にものぼる。

これまで、稚魚を出荷する前に専門作業員による選別作業を行い、生育不良のものを取り除くなど基準を満たす魚だけを選り分けていたが、目検と手作業で行うため専門作業員の経験と集中力が高度に要求され、作業員自身への体力的負担が大きく、自動化が長年の課題となっていた。

そこで、豊田通商、日本マイクロソフトが同研究に参画。共同でAIやIoTを活用し、画像解析と機械学習技術を組み合わせた稚魚の自動選別システムを開発し、実証実験を行う運びとなった。

豊田通商は、近畿大学水産研究所との長年にわたるクロマグロの完全養殖事業も含め、研究所で行われている具体的な選定プロセスの知識と経験をもとに、自動化システムのハードウェア設計とプロトタイプ構築を行った。

日本マイクロソフトは、目視作業の要件をもとにマイクロソフトのクラウドプラットフォーム Microsoft AzureのIoT機能、ならびにAI機能であるCognitive ServiceとMachine Learning を活用することで、ポンプの流量調節をリアルタイムで自動化するシステムを設計、開発した。

開発中の自動選別システムでは、ポンプ制御の自動化から取り組みを開始。ベルトコンベア上の魚影面積とその隙間の面積をマイクロソフトのAIを活用して画像解析し、一定面積あたりの稚魚数を分析。

さらに選別者の作業ワークロードを機械学習させ、作業のための最適値を割り出し、ポンプの流量調節作業を自動化するソフトウエアを試作。現在は実証実験を継続し、データの収集・分析を行うととともに、改良した制御システムを2019年3月までに本番環境に実装することを目指す。

【関連リンク】
豊田通商(TTC)
近畿大学水産研究所

Previous

おもちゃクリエイター 高橋 晋平氏が人生を賭ける鳩時計『OQTA HATO(オクタ ハト)』があたたかい

フィットビットが最新のスマートトラッカー「Fitbit Charge 3」を発売、バッテリー寿命は最長7日間

Next