マクニカ、自律走行デリバリーサービスロボット「Relay」の運用開始

株式会社マクニカは、渋谷ストリームエクセルホテル東急がアメリカSavioke(サビオーク)社の自律走行デリバリーサービスロボット「Relay(リレイ)」を導入したことを発表した。

「Relay」はホテルスタッフの一員として軽食や飲み物を各部屋に運ぶ配送サービスなどに利用されている。

今回、マクニカは渋谷ストリームエクセルホテル東急において、「Relay」の導入から、サポート、保守、メンテナンスサービスを提供。エレベータシステムなどホテル設備とのインテグレーションを行い、ゲストの客室まで自律走行で品物を届ける。

【関連リンク】
渋谷ストリームエクセルホテル東急
「Relay」

Previous

【前編】政治家 小林史明氏が語るテクノロジー実装社会、IoT・AIで「ヒト起点の政策」をつくる

アーム、「Arm Pelion IoT Platform」の国内提供を開始

Next