インフォコーパスとPALTEK、グローバル対応産業向けIoTソリューションを展開

株式会社インフォコーパスと株式会社PALTEKは、インフォコーパスが提供するユニバーサルIoTプラットフォーム「SensorCorpus(センサーコーパス)」とPALTEKが日本総代理店を務めるGuangzhou Robustel LTD(以下、ロバステル社)のグローバル対応IoTゲートウェイ製品の相互接続の検証が完了したことで、SensorCorpusへの接続確認済デバイスとして認定(SC Connect認定)されたことを発表した。

これにより、インフォコーパスとPALTEKは、規模や目的によらず簡単にセンサー情報を収集・蓄積・活用できるグローバル対応可能なIoTソリューションの展開が可能となる。

ロバステル社のIoTゲートウェイ製品群は、インダストリアルグレード品質、長期安定供給体制、低コストを実現する産業向け製品。ワールドワイドで多くの導入実績があり、高速道路の電光掲示板の制御、電力監視、公共交通の運行監視・モニタ制御などさまざまな産業用途で使われている。

SensorCorpusは、誰でも簡単に本格的なIoTサービスを利用できることをコンセプトに、業種や目的に関係なく小規模から誰でも簡単にセンサー情報を収集・蓄積・活用できるユニバーサルなIoTプラットフォームだ。

今回の接続確認により、ロバステル社のIoTゲートウェイ製品群を通じてPLCやシリアルから取得されるさまざまなIoTデータをSensorCorpusが効率的に収集・蓄積し、可視化や分析を行うことが可能となる。

【関連リンク】
パルテック(PALTEK)
ロバステル(Robustel/简称鲁邦通)

Previous

ハーマンインターナショナルとJ.D. パワー、コネクテッドカーの「データ活用提携」を開始

ひとつのビーコンで最大6種発信「マルチアドバタイズBLEビーコン」、オカベマーキングシステムが開発

Next