アイシン・デンソーなど4社、自動運転向けECUソフト開発の合弁会社を設立へ

アイシン精機株式会社(以下、アイシン)、株式会社アドヴィックス、株式会社ジェイテクトおよび、株式会社デンソーは、本日、自動運転・車両運動制御等のための統合ECUソフトウェア開発の合弁会社設立に向けた検討を進めることに合意した。

出資比率は、デンソー65%、アイシン25%、アドヴィックス5%、ジェイテクト5%だ。

自動車業界では、「電動化」「自動運転」「コネクティッド」といった、100年に一度といわれる大変革時代の真っ只中にある。自動運転・車両運動制御等の領域においては、誰もが、交通事故のない、安心・安全な移動を享受できるように、自動運転の普及が求められている。

自動運転の普及には、クルマの「走る・曲がる・止まる」に関わるセンサーやステアリング、ブレーキを、システムとしてより高度に連携するための統合ECUが必要であり、その制御ソフトウェアは大規模かつ複雑になっている。

制御ソフトウェアの高度化と開発の加速に向け、アイシン、アドヴィックス、ジェイテクト、デンソーは、4社が持つ自動運転・車両運動制御等の領域の技術知見を結集した統合ECUソフト開発合弁会社の設立検討に合意。

合弁会社では、顧客である自動車メーカーのニーズに合わせた統合ECUの制御ソフトウェアを開発。4社は、その強みである、センサーやステアリング、ブレーキといったハードウェアと統合ECUを組み合せ、より高度な自動運転の実現を目指す。

4社はこれから合弁会社の詳細を検討し、2019年3月の設立を予定している。

【関連リンク】
アイシン精機(AISIN)
アドヴィックス(ADVICS)
ジェイテクト(JTEKT)
デンソー(DENSO)

Previous

NTTデータ、サプライチェーン領域のブロックチェーン活用支援サービスを開始

トヨタがUberに5億ドル出資、自動運転開発で協業拡大

Next