トヨタがUberに5億ドル出資、自動運転開発で協業拡大

トヨタ自動車(以下、トヨタ)とUber Technologies, Inc.(以下、Uber社)は、自動運転技術を活用したライドシェアサービスの開発促進および市場への投入を目指し、両社の協業を拡大することに同意した。

実現に向けて、両社の持つ技術を搭載したライドシェア専用車両を、Uber社のライドシェアネットワークに導入する。加えて、トヨタはUber社に対し5億ドルを出資する。

トヨタのミニバンであるシエナが、最初の自動運転モビリティサービス“Autono-MaaS”(※)専用車両となる。

このAutono-MaaS車両は、コネクティッドカーの基本的な情報基盤として機能する“モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)”に常時接続するとともに、Uber社の自動運転キットとトヨタのガーディアン(高度安全運転支援)システムを搭載。

両社はこの車両を、2021年にUber社のライドシェアネットワークに導入する予定。また、協業を通じ導入する量産型の自動運転車両の運営や、第三者を含む運営会社についても検討していくとした。

なお、トヨタによるUber社への出資や協業案については、規制当局の承認の下で実施される。

※“Autono-MaaS”とは、Autonomous Vehicle(自動運転車)とMaaS(Mobility-as-a-Serviceモビリティサービス)を融合させた、トヨタによる自動運転車を利用したモビリティサービスを示す造語

Previous

アイシン・デンソーなど4社、自動運転向けECUソフト開発の合弁会社を設立へ

富士ソフト、「コミュニケーション ロボットPALRO ギフト向けモデル」を発売

Next