ソラコム、「SORACOM IoT Fund Program」を通じアジアの通信スタートアップ企業「UnaBiz」に出資

株式会社ソラコムは、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」の投資プログラムのひとつである「SORACOM IoT Fund Program」を通じて、シンガポールや台湾で Sigfox 通信ネットワークを提供する UnaBizに出資し、戦略的業務提携を行う。

リードインベスターとして Sigfox、ENGIE 等と共に出資し、ソラコムが戦略的業務提携を結んだ UnaBiz は、2016年にシンガポールで、ついで2017年に台湾でも同様に Sigfox ネットワークの提供を開始した通信スタートアップ。

顧客が簡単に Sigfox を使った IoT システムを利用できるよう、UnaShield などの Sigfox モジュールや、UnaSensors などのセンサーデバイスを提供するほか、台湾を拠点に顧客の要望にあわせデバイス設計も手がけ、通信とハードウェア設計の両方のノウハウを持っていることが特徴だ。

ソラコムでは、2016年7月の SORACOM プラットフォームの Sigfox 対応開始と同時に UnaBiz が製造する Sigfox モジュール UnaShield を SORACOM ユーザーコンソールでの取扱を開始したほか、通常1国1オペレーター制であるSigfoxネットワークを、複数の国を超えて国際間接続するためのネットワーク接続や課金、IoT プラットフォーム連携の分野で UnaBiz と既に協業している。

今回の UnaBiz との戦略的業務提携を通じて、ソラコムは顧客のニーズにあわせた使いやすい IoT デバイスの提供や、グローバル IoT 通信ネットワークとのバックボーン連携を推進していく。

【関連リンク】
UnaBiz

Previous

富士ソフト、「コミュニケーション ロボットPALRO ギフト向けモデル」を発売

ニチレイロジグループと日立、IoTを活用した冷凍設備の故障予兆診断を共同実証

Next