KDDI・クラボウらがIoTを活用した熱中症対策、沖縄県独自の解析アルゴリズムを開発

沖縄セルラー電話株式会社、KDDI株式会社、倉敷紡績株式会社 (以下、クラボウ) はこのほど、クラボウが開発したIoTスマートウェア「Smartfit(スマートフィット)」を活用し、沖縄県独自の環境にあわせた熱中症リスク低減のための解析アルゴリズムを開発する実証事業を開始する。

沖縄県は全国平均より気温や湿度が高く、本土と気象条件が異なる独自の「暑熱環境」が存在する地域。同実証事業は、沖縄県のIoT実証事業補助(申請中)を活用し、独自のアルゴリズムを開発することで、より沖縄県の環境に適した独自の熱中症リスク管理に役立つシステムを構築する取り組みだ。

IoTスマートウェア「Smartfit」を着用した建設作業員のバイタルデータと沖縄県の気象データなどをクラウドサーバーに蓄積することで、作業員ごとの暑熱環境下での作業リスクをリアルタイムに評価することが可能。

その評価結果は、現場管理者および現場作業員にリスク情報として通知し、早期の熱中症予防に役立てる。また、それらの熱中症予防に役立つ知見を沖縄県と共有し、県内の熱中症対策に活用していく。

これまで、建設業や運送業などにおいて、職種や作業環境が異なる作業員の熱中症リスクを適切に把握することは困難とされてきた。

クラボウでは、そのような課題に対し、IoTスマートウェア「Smartfit」から作業員のバイタルデータを収集・解析を行い、個々の作業員の環境や作業内容などを踏まえた暑熱作業リスクを容易に評価できるシステムを開発し、本年5月より「Smartfit for work」としてサービスを提供してきた。

同実証事業では、株式会社大米建設とサンワコムシスエンジニアリング株式会社が担当するKDDI那覇ビル解体工事、au基地局工事の現場作業員が「Smartfit」を5カ月間着用して作業を行い、心拍、温度、加速度などのデータを沖縄独自のアルゴリズムの基礎データとして収集。

一般財団法人日本気象協会の提供する気象データとあわせて国立大学法人大阪大学がデータを分析しアルゴリズムを開発をすることで、熱中症リスク管理支援システムを構築する。

【関連リンク】
クラボウ(KURABO)

Previous

ニチレイロジグループと日立、IoTを活用した冷凍設備の故障予兆診断を共同実証

SBドライブ、日立市の「ひたちBRT」の路線で行われる「ラストマイル自動走行の実証評価」に参画

Next