ログバー、世界初、ウェアラブル翻訳デバイス 「ili」(イリー)CES 2016にて発表!世界のコミュニケーションを変える。

株式会社ログバーは、ウェアラブル翻訳デバイス「ili」(イリー)をアメリカLas Vegasで開催しているCES 2016にて発表した。

また、「ili」は、2016 CES INNOVATION AWARDSにて ”HONOREE”に選出されたとのことだ。

 

 

illy

 

iliは話したコトバを一瞬で音声翻訳をしてくれるウェアラブル翻訳デバイスで、現在は、日本語、中国語、英語に対応している。

このデバイスは、スタンドアロン型となっておりWi-Fiや3Gなどのインターネット接続が必要ないためいつでもどこでも使用できるという。

使い方も簡単で、本体中央のボタンを押して話すだけで簡単に利用することができる。

illy03

また、単純な製品販売ではなく、既存のビジネスモデルとのコラボレーションや、新規ビジネスモデルの構築など、様々なパートナーシップに力を入れて行く考えだ。

 

【関連リンク】
ili(イリー)
2016 International CES

Previous

ルネサスとTTTech、高性能かつ機能安全を実現する自動運転向けECUの開発プラットフォームで協業開始

セメダインの「着るセメダイン」。布のしなやかさを損なわず、布に直接、回路形成とチップ実装できる新たなウェアラブルデバイスを実現。

Next