パナソニックとVodafone、「NB-IoT」を活用した常時接続IoT家電を検証

パナソニック株式会社とVodafoneは、省電力広域無線通信技術「LPWA(Low Power Wide Area)」の1つである「NB-IoT(NarrowBand-Internet of Things)」を活用したIoT家電の実用化に向けて検証を実施する。2018年秋をめどに、ドイツ・フランクフルトでNB-IoT通信対応家電の実証実験を開始する予定だ。

通信技術の進化に伴い、IoTによる新たな価値提供がますます重要になってきているが、IoT機器の普及拡大には、より簡単で快適なインターネット接続が不可欠だ。

NB-IoTは、低消費電力で広域をカバーし、長寿命という特長を有し、幅広い用途に適応する新たな無線技術として関心が高まっており、Vodafoneも既にネットワークサービスの提供を開始している。

NB-IoT通信機能を搭載した家電の場合、インターネット回線が無い家庭でも電源を入れるだけでクラウドサービスが利用できるようになる。

両社はまず、遠隔操作や機器管理などのネットワーク機能を視野に、エアコンをターゲットとして検証を進める。検証を通じて、NB-IoT通信機能を搭載したIoT家電の技術とビジネスモデルが確立できれば、将来的には多様な機器での検証も検討していく。

なお、パナソニックは、日本においても大手通信会社とともにLPWAを活用した常時接続IoT家電の実証実験を今秋より開始する予定だ。

Previous

ビーサイズ、AIみまもりロボット「半分青い色の GPS BoT」を販売

キヤノンITSがAIプラットフォーム「LaiGHT(ライト)」を開発、カメラ映像からイチゴ収穫量を予測など

Next