ぷらっとホーム、「OpenBlocks IDMアプライアンス」にLoRaアプリケーションサーバー機能を追加

ぷらっとホーム株式会社は、統合IoTアプライアンス製品「OpenBlocks IDMアプライアンス」に長距離のIoTセンシングを可能とするLoRaWAN及びプライベートLoRaに対応したアプリケーションサーバー機能を追加した。

IDMアプライアンスは環境センサー・工業計器・制御機器・産業機器などから発生する様々なIoTデータを統合管理(IoT Data Management:IDM)する装置。IoTを迅速に導入するためのソリューションとして、製造業をはじめとする様々な顧客に利用されている。

LoRaはIoT向けにすぐれた通信方式だが、システムを実現するためには、LoRaネットワークサーバー(NWS)より送信されたデータの収集・蓄積・閲覧・分析などの処理を行うアプリケーションサーバーが必要となる。

アプリケーションサーバーは通常、 ユーザーの目的に応じて自身で構築されるため、 個別の開発を必要とし、 導入までの時間や費用がお客様のシステム導入へのハードルとなっていた。

今回、 IDMアプライアンスにLoRaアプリケーションサーバー機能が備わったことで、顧客はIDMアプライアンスを購入し設定を行うだけで、パブリックなLoRaWANでも、プライベートLoRaでも迅速なLoRaシステムが構築可能となった。

さらに、IDMアプライアンスには、あらかじめ、可視化機能、時系列データベース、Node-RED等によるエッジコンピューティング機能が備わっており、ダッシュボードやデータの収集・蓄積・閲覧・分析を含めた顧客に最適なIoTシステムが構築可能となる。

【関連リンク】
「OpenBlocks IDMアプライアンス」製品情報

Previous

産業用IoTのグローバル最新動向

ディーゼル、新型タッチスクリーンスマートウォッチ「Full Guard 2.5」を発売

Next