きりんカルテシステム、AIによる電子カルテ構造化技術を開発

完全無料クラウド型電子カルテ「カルテZERO」を展開するきりんカルテシステム株式会社は、TXP Medical株式会社と日本マイクロソフト株式会社と共同で、マイクロソフトのクラウドプラットフォームMicrosoft Azureを基盤とし、医師が記入したカルテ情報から、AIが必要な医療情報だけを抽出・構造化する医療言語処理エンジン(きりんカルテDX)を開発した。

きりんカルテは、完全無料クラウド型電子カルテという特徴を活かし、地域の医師会等とカルテZEROを活用した新しい地域医療連携のモデルづくりの検討を行っている。

地域医療連携を推進するためには、低コストで継続運用できること、高いセキュリティのクラウド基盤を利用していること等が前提としてあり、さらにカルテ情報の中で「どの情報をどう連携・共有するか」という課題がある。

医師によってカルテの記載の仕方は千差万別であり、カルテに記載された情報の中から重要な情報を素早く、正確に把握することが求められる。また、カルテの中には患者のプライバシーに関わる情報や、患者さんとの信頼関係のために重要な情報等が存在し、そうした情報を医師に追加の負担をかけずに、選定して共有できることが重要となる。

きりんカルテは情報の連携・共有におけるこうした課題を解決するために、救急外来・ER診療のシステム提供を行うTXP Medicalの医療現場ノウハウと、マイクロソフトのAI技術であるMicrosoft Cognitive Servicesを組み合わせることで、医師が通常診療の中で、普段通りに記入したカルテから、自動的に構造化カルテが生成される技術を開発した。

【関連リンク】
きりんカルテシステム(Xirapha Karte System)

Previous

LANケーブルで給電、「Raspberry Pi PoE HAT」の国内販売がスタート

見えないところで起きている、家電の「Co-innovation」 ーIFA2018レポート2

Next