NECソリューションイノベータ、「NEC GIS農地面積測量サービス」を提供開始

NECソリューションイノベータは、果樹産地における優良品種への改植などの取り組みを支援する「NEC GIS農地面積測量サービス」を10月より提供開始する。

同サービスは、果樹産地で優良品種へ改植する際、農林水産省による果樹経営支援対策事業の補助金申請に必要な業務を支援。ドローン測量技術を用いて園地測量を行い、地理情報システム(GIS)上で園地面積を計算する。

さらに、補助金の申請に必要な情報の入力から申請書の作成までの業務をシステム上で行うことが可能。これにより、園地面積の測量や補助金の申請に必要な業務の効率化を支援する。

また、ドローンで撮影した園地情報をGISに記録し、産地全体を可視化することも可能。これを生産戦略などの果樹産地構造改革計画に活用するなど、果樹産地全体の活性化をICTで支援する。

サービス利用料(3ID)は432,000円(税別)/年、ドローン撮影(1圃場あたり)の費用は9,600円(税別)だ。

※サービス利用は3ID~、ドローン撮影は50圃場~。
※初期費用が別途必要
※ドローンの撮影範囲は50圃場5ha以内、半径30km以内が1単位となる。

【関連リンク】
「NEC GIS農地面積測量サービス」

Previous

ローム、ソニー「SPRESENSE」向けセンサ拡張ボード、BLE拡張ボードを発売開始

西菱電機、LoRaWAN対応GPSトラッカーの提供を開始

Next