西菱電機、LoRaWAN対応GPSトラッカーの提供を開始

西菱電機株式会社は、本日よりLoRaWAN対応GPSトラッカーの提供を開始した。

IoTサービスやコミュニケーションサービスのための総合プラットフォーム「Seiryo Business Platform」上で提供するLoRaネットワークにおいて、LoRaWAN対応GPSトラッカー LT-100(販売元:株式会社GIsupply)が利用可能となる。

LoRaWANの特性である、低消費電力や長距離通信を生かして位置情報を取得できるGPSトラッカーシステムだ。児童や高齢者の見守りなどに使用されている。

LoRaWAN対応GPSトラッカーには以下の機能がある。

<デバイス>

  • 時間間隔通知:1~99分間隔での通知可能
  • 移動通知:センサー内蔵の3軸Gセンサーにより移動/停止を検出可能
  • 省電力:30分間隔で24日間利用可能(メーカ公表)

<アプリケーション>

  • 現在地の表示:リアルタイムの位置情報の表示
  • 移動履歴の表示:直近10ポイントまでの位置情報の表示

※LoRaネットワークの利用には、別途LoRaゲートウェイの導入が必要。

【関連リンク】
西菱電機(SEIRYO ELECTRIC)

Previous

NECソリューションイノベータ、「NEC GIS農地面積測量サービス」を提供開始

ウミトロン、大分県でAI・IoTを活用し魚類養殖保険に有用なデータサービスの実証を開始

Next