セブンドリーマーズ、パナソニック・大和ハウス工業から10億円の資金調達を実施

セブンドリーマーズ(seven dreamers laboratories株式会社)は、全自動衣類折りたたみロボット「ランドロイド」の製品化を目的として、パナソニック株式会社、大和ハウス工業株式会社を引受先とする第三者割当増資により、総額約10億円の資金調達を行った。これにより、増資後の資本金は、87億円(資本準備金含む)となる。

セブンドリーマーズは、”世の中にないモノを創り出す技術者集団”。第一の事業として、独自の3D測定システムによる完全オーダーメイドの「カーボンゴルフシャフト」、第二の事業として、鼻にチューブを挿入して睡眠中の気道を確保させる医療デバイスの「ナステント」を展開。第三の事業として、世界初全自動衣類折りたたみロボット「ランドロイド」を開発している。

【関連リンク】
セブンドリーマーズ(seven dreamers)

Previous

GMOクラウドと三井住友海上、自動車向けIoTソリューションの販売支援で業務提携

宮城のIoT活性化、ビジネス創出推進「みやぎIoTビジネス共創ラボ」を設立

Next