イスラエル発、20言語対応のAI小型カメラ「OrCam My Eye」が日本上陸

イスラエルのOrCam Technologies Ltd.は、2010年にイスラエルで会社を設立して以降、世界30カ国で事業展開をしてきたが、本年9月より日本営業所を開業した。

カメラ映像を音声化する20言語対応のAI小型カメラ「OrCam My Eye(オーカムマイアイ)」を世界30カ国の視覚障害者や読書困難者などの顧客に提供してきたが、このほど、同製品の日本仕様版が開発され、本年9月末より国内においても販売開始する。価格は600,000円(税抜)だ。

ユーザーは、これまでに視覚で得ることが困難であった情報に対して、同製品を利用し音声を通じて情報を得ることできるため、生活習慣を向上させることが可能。インターネットサイト、新聞、雑誌から音声を通じて情報を得たり、小説を楽しんだりすることができる。

外出時には、駅や看板や案内表示の情報を確認したり、スーパーで食品表示の情報も確認できる。

さらに、家族や友人の顔を事前にカメラ撮影することで、その顔が登録され目の前の人の情報を音声を通じて知ることができ、人と人とのコミュニケーションを円滑にする効果がある。これは物の情報にも応用でき、その画像と名前を登録することで、目の前にある物を音声で知らせる。その他にも、紙幣、色彩、日時を音声で知らせてくれる。

利用方法は以下の通りだ。

<読み上げ>

  1. デバイスをメガネに装着し、電源を入れる。
  2. 読みたいテキストを指で指し示す。
  3. デバイスがその画像を瞬時に読み込み、音声へ変換して伝えてくれる。
    ※暗闇では自動的にLEDライトが光る。

<顔認識>

  1. 家族や友達の顔を撮影して登録。
  2. 対象者が視界に入るとデバイスが自動的に認識。
  3. 音声で名前を読み上げてくれる。

【関連リンク】
「OrCam My Eye(オーカムマイアイ)」

Previous

PTCが「コネクティッドストア」を推進、RAIN RFIDのインピンジと協業

マクニカ、自動運転技術開発のティアフォーと代理店契約を締結

Next