FRONTEOの人工知能「KIBIT」、イオン銀行で導入に向けた文章データ解析の実証実験を開始

株式会社FRONTEOは、独自開発の人工知能エンジンKIBIT(キビット)が、イオンフィナンシャルサービス株式会社の子会社である株式会社イオン銀行で、導入に向けた実証実験を開始すると発表した。

この実証実験は、イオン銀行が金融商品を提案・販売した際に顧客とのやりとりを文章化した面談記録について、適合性の原則に沿った顧客への説明がなされているか、KIBITを用いてモニタリングを行うものだ。

イオン銀行では、今回の実証実験を一定期間実施した後、その結果を検証したうえで実施範囲を拡大し、他の業務にも活用していくことを展望している。

【関連リンク】
フロンテオ(FRONTEO)
イオンフィナンシャルサービス(AEON Financial Service)
イオン銀行(AEON Bank)

Previous

ZMP、物流支援ロボットCarriRoの棚オプションと牽引オプションの受注開始

デンソー、東北パイオニアEGの株式を取得

Next