安川情報システム・プロロジス・日本ユニシス、 物流施設の業務効率化を支援するサービスを提供開始

安川情報システム株式会社と、プロロジスおよび日本ユニシス株式会社の3社は、トラックバースの予約からバース管理までを一連で提供するサービスを開始した。

このサービスは、プロロジスと安川情報システムが提供する「スマートバースシステム」と、日本ユニシスが提供する「SmartTransport」を連携している。これにより、物流施設カスタマーに、物流現場で課題となっているトラックの待機時間の改善や、倉庫内業務の効率化を支援していくという。

プロロジスは数年前より、物流施設でのバースの効率的利用やセキュリティ強化に取り組み、カスタマーの物流業務効率化を支援するシステムの検討を行ってきたが、今年初め、安川情報システムと共に、「スマートバースシステム」を開発。このシステムは、安川情報システムのIoT関連技術と、Locix社の保有する超省電力無線カメラの技術を用いて、トラックバースの入出庫車両情報をリアルタイムで把握・管理することを可能にしたもので、今年稼働を開始した「プロロジスパーク市川3」で導入を開始した。

日本ユニシスは、スマートフォンでのトラック到着時刻の遠隔予約から、自動受付やトラック呼び出し機能までの一連の流れをシステム化しSaaS型で提供するサービス「SmartTransport」を2018年2月から提供している。

今回、この「スマートバースシステム」と「SmartTransport」の機能を連携させることにより、トラックの配車・予約、待機状況の表示とバースの予約、トラックの呼び出し、バースの監視と管理、そしてトラックの出庫確認までをシームレスにサポートでき、物流施設における課題の一つであった入出荷配送の効率化を支援していく。

同システムは、今後プロロジスの開発するすべてのマルチテナント型施設で導入される予定であり、3社は、同じような課題を抱える他の物流施設ユーザーへも同サービスを積極的に展開し、物流業務の効率化、トラックの待機時間削減やトラック運転手不足といったカスタマーの抱える課題解決をサポートしていくとしている。

【関連リンク】
日本ユニシス(Nihon Unisys)

Previous

日立、IoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

キャップジェミニ、今後3年間でAR/VRがビジネスオペレーションの主流となると発表

Next