日立とテンセント、IoT分野における戦略的提携に合意

株式会社日立製作所および日立(中国)有限公司は、中華人民共和国のIT企業テンセントと、IoT分野における戦略的提携に合意した。

今回の合意に基づき、日立グループとテンセントは、長期的な提携関係のもと、スマートシティの構築や製造・物流分野のスマート化など、さまざまな事業分野でのIoT化に向けて、両者が有する技術・資源を活用し、新たな市場開拓に協力していく。また、低コスト、高効率、かつ安全性が高いIoT環境の構築を推進していくという。

中国政府の一帯一路構想を背景に、両者は、「健康中国」、「美麗中国」および「ネットワーク強国」等の活動に積極的に参加し、社会イノベーション事業を通じて、中国社会の持続可能な発展および人々のQoL(Quality of Life)向上に貢献していくとしている。

現在、日立とテンセントは、昇降機や空調設備などの製品や、生体認証技術などに、テンセントのIoTシステムを導入する検討を進めており、さらに今後、健康養老やスマート製造、スマート物流、法人向けアプリケーション「WeChat(企業微信)」の展開に向けた技術交流・協力を実施していく計画だ。

【関連リンク】
テンセント(Tencent/騰訊)