ウミトロンが追加増資で総額12.2億円を調達、水産養殖にIoTや衛星データを活用

UMITRON PTE. LTD. (以下、ウミトロン)は、本年9月6日付にてスパークス・グループ株式会社を運営者とする未来創生ファンドより、3億円の第三者増資を実施。今回のファイナンスは、本年6月に実施した資金調達ラウンドの追加投資にあたり、総額で12.2億円となる。

また、新たにIoTや衛星データの技術を活用して水産養殖における資産価値や環境評価を定量化することで、水産養殖保険を提供するためのデータサービス(※特許出願済)の実証を開始している。

ウミトロンは今回の資金調達により、既存・新規サービスの事業基盤強化並びに、水産養殖データを活用した新たな研究開発を推進。今後、水産養殖保険サービスを共同で進めるパートナー(生産者、保険会社等)を国内外でより積極的に募集していく予定だ。

■第三者割当増資 引受先一覧

・株式会社産業革新機構
・未来創生ファンド
・D4V 1号投資事業有限責任組合
・藤代真一氏、松岡剛志氏ら個人投資家

【関連リンク】
ウミトロン(Umitron)

IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

自律走行車やコネクテッドカー時代に向け必要なもの

NTTデータとLeapMind、ディープラーニング活用コンサル&学習データ作成BPOサービスを提供開始

Next