NTTデータとLeapMind、ディープラーニング活用コンサル&学習データ作成BPOサービスを提供開始

株式会社NTTデータは、LeapMind株式会社、株式会社NTTデータ・スマートソーシングと共同でディープラーニングの活用を支援するコンサルティングサービスを本日より提供開始する。

同サービスでは、NTTデータの技術者が顧客の学習データ作成から組込みディープラーニング開発および運用までをサポート。LeapMindの提供するディープラーニング関連ソリューション(「DeLTA-Mark」、「DeLTA-Lite」)を活用し、学習データ作成では、AI領域のBPOを強みとするNTTデータ・スマートソーシングと連携してサービス提供を行う。

今回の連携により、(1)大量・高品質な学習データ作成の効率化、(2)組込みディープラーニングモデルの導入効果を素早く検証、(3)現場へのモデル導入コスト・ハードルの低減に取り組む。

ディープラーニングの活用には、高度な専門知識と多くの工数が必要であり、実証実験から業務導入に向けた大きなハードルとなっている。また、AIを学習させるためのデータ準備では、データに対してタグ付けをするアノテーション作業に多くの時間を要し、多くの人手を雇っても作業・品質の管理にコストが掛かってしまう。

これらの課題を背景に、データサイエンティストを数多く有するNTTデータが、組込みディープラーニングモデル技術開発を強みとするLeapMind、AI領域のBPOを強みとするNTTデータ・スマートソーシングと連携することで、ディープラーニング活用コンサルティングサービスを開始することとした。

同サービスの特徴は以下の通りだ。

  • 大量・高品質な学習データを効率的に作成:
    学習データの作成では、大量のデータに対してアノテーション作業を行う必要があり、膨大な作業量かつ複雑なオペレーションを伴うため、顧客自身で実施することが困難だった。同サービスでは、NTTデータ・スマートソーシングの専門部隊が学習データ作成支援ソリューション「DeLTA-Mark」を活用して学習データを作成する。
  • 組込みディープラーニングモデルの導入効果を素早く検証:
    これまで効果検証には、モデル構築からモデル圧縮、ハードウエアへの実装の工程に約3か月掛かっていた。組込みディープラーニングモデル構築ソリューション「DeLTA-Lite」の導入により、ディープラーニングモデルの学習から組込み機器への実装までをワンストップで行い、同工程を約1日に圧縮。
  • 現場へのモデル導入コスト・ハードルを低減:
    一般的にディープラーニングモデルを運用するには高価なプロセッサが使われるが、「DeLTA-Lite」の機能である「モデル圧縮注」によって低消費電力なFPGAなどの安価なハードウェア上で動作するモデルの作成が可能となる。

【関連リンク】
LeapMind

Previous

ウミトロンが追加増資で総額12.2億円を調達、水産養殖にIoTや衛星データを活用

メルセデス・ベンツ、新モビリティコンセプト「Vision URBANETIC」を発表

Next