インテック、ロボット開発をサポートする「RDBOX」評価版の無償提供を開始

TISインテックグループの株式会社インテックは、ロボット開発者向け開発・管理環境ユーティリティ「RDBOX」(A Robotics Developers BOX)を、2018年9月14日より評価版アカウントで無償提供することを発表した。コンテナ型仮想化技術(*1)とネットワーク技術で簡単、スピーディに開発環境を構築する。

インテックは同製品を提供することで、ROSロボット開発者の業務負担を軽減させ、開発者がロボットの新しい利用形態やサービスを思考、創造できる時間を増やし、市場の活性化を図るという。

同製品はロボット開発者がICT環境を使い易くするためのロボット側のエッジ機能とクラウド側の管理運用機能で構成されている。

  1. 開発や運用の一連の流れをスムーズに行えるCI(*2)
    ・Kubernetes(*3)を用いることにより、ローリングアップデート(*4)やロールバック(*5)などの高度な自動配信・自動運用機能が可能
    ・コンテナベース開発スタイルの導入によって、簡単にGitHub(*6), Jenkins(*7), Docker Hub(*8)などのCIツールの適用が可能
  2. ROSロボット専用のプライベートネットワークを簡単に構築
    ・ROSロボットとインターネット間に同製品を設置することによりROSロボットとクラウド管理機能をつなぐロボット専用のプライベートネットワークの構築が可能
    ・ROSロボットと同製品間をWi-Fiで接続
    ・複数ある同製品同士ではメッシュWi-Fiのネットワークを自動構築するため、Wi-Fiの提供エリア拡大が簡単
  3. ロボット開発の効率化を促進
    ・ロボットアプリケーションだけではなく、OSやミドルウエアを含んだコンテナで配信・管理
    ・これまでアプリケーションソフトウエアの更新ごとに行っていたOSやミドルウエアの交換作業をコンテナイメージの実装と配備という手順に効率化
    ・Kubernetesクラスタのクラウド管理画面から各ロボットの全対象物を一元管理
    ・クラスタ内で管理されるものはCPUアーキテクチャ(ARM, x86等)が混在する環境に対応可能

    インテック、ロボット開発をサポートする「RDBOX」評価版の無償提供を開始

  4. 環境変化に柔軟に対応
    ・必要な処理能力にあわせてKubernetesノード数を増やすことが可能
    ・ロボット台数や処理量、応答速度など、求められる性能に柔軟に対応可能な開発・運用基盤
  5. 安全なロボット実行環境を実現
    ・ロボットの実行環境とクラウドの連携をVPNで構築することにより、アプリケーションを安全なネットワーク環境での稼動が可能
    ・ロボットの制御ネットワークを外部から隔離し、VPNによる接続とクラウド管理画面に限定することでネットワーク攻撃から保護
    ・既存のネットワークとは分離したROSロボット専用のネットワークを構築

*1 コンテナ型仮想化技術:一つのOSでコンテナと呼ばれる専用領域を作り、その中で必要なアプリケーションソフトを動かす。この専用領域を複数作ることができる技術で、これまでのサーバー仮想化をより簡単に実装できる技術
*2 CI(Continuous Integration):継続的インテグレーション。コンパイル・テスト・デプロイといったソフトウェア開発サイクルを繰り返し実行することで、問題を早期に発見し、開発の効率化・省力化や納期の短縮を図る手法
*3 Kubernetes (クーベネティス): コンテナ化したアプリケーションの配備、スケーリング等の管理を行うためのオープンソース
*5 ローリングアップデート: システムを完全には停止させずにソフトウェアを更新すること
*6 ロールバック: 不具合発生等の理由で、前の状態に戻すこと
*7 GitHub :ソースコード共有サービス
*8 Jenkins :ソースコードを自動で実行形式変換するサービス
*9 Docker Hub :Docker向けのコンテナ共有サービス

Previous

ニュアンスとAffectiva、感情を認識するAIオートモーティブ・アシスタントを共同開発

大和ハウス工業、全物流施設でHacobu開発のトラック入場予約システム・オンラインチェックインシステムを導入

Next