SENSYとファインドスター業務提携、DM・カタログの発送先の最適化を実現

感性を解析するパーソナル人工知能を開発しているSENSY株式会社は、ダイレクトマーケティング支援事業の株式会社ファインドスターと業務提携し、カタログやDMの発送先の最適化を実現することで、カタログ通販会社の売上げ向上を目指した商品開発を共同で行う。

昨今、郵送費の値上げに伴い、カタログ発行費用は上昇している。カタログ発行に対する効果(≒売上)を通販会社はこれまで以上に求められる状況になった。すべての顧客にカタログを出すのは非効率であり、よりターゲットを絞って送るのが効率的との考えから、自社でRFM分析をしたり、調査会社に依頼して施策に取り組んでいる現状がある。

しかし、その分析方法が属人的だったり、データ抽出に時間と労力がかかるなど、多くの課題を残しているという。AI技術の活用によってこれらの課題を解決する為、ファインドスターとSENSYは業務提携を行う。

ファインドスターの持つプリントメディアに特化したダイレクトマーケティングノウハウに、SENSYのパーソナル人工知能技術を融合させ、顧客購買データや属性データから、パーソナル人工知能技術のアルゴリズムを構築し、カタログ送付先の抽出やリピート購買予測、アイテム予測を行う。

また将来的には発送先の最適化のみならず、カタログをパーソナライズすることによりカタログ通販会社の顧客のニーズに、より応える商品も開発していく予定。また、他業界における展開及び、DM、WEBなどチャンネルの拡大も予定しているという。

【関連リンク】
センシー(SENSY)

Previous

いすゞ自動車、NVIDIA DRIVE AGXを次世代トラックの開発に活用

ABEJA、領域抽出・動画・テキストのアノテーション機能を提供開始

Next