東芝デジタルソリューションズ、AIとの会話で業務報告ができる「RECAIUS 報告エージェント」を提供開始

東芝デジタルソリューションズ株式会社は、東芝コミュニケーションAI「RECAIUS(リカイアス)」の新たなサービスとして、スマートフォンでAIと会話するように話すことで業務報告ができる「RECAIUS 報告エージェント」を本日より提供開始する。

さまざまな業務で、タイムリーで確実な報告・記録は重要だが、外回り営業や宅配、保守点検、介護・看護など動き回りながら行う業務の場合、パソコン操作の場所や時間の確保が難しくタイムリーな報告ができない、スマートフォンでの文字入力には時間がかかる、などの課題がある。

同サービスは、同社が長年培ってきた自然言語処理技術や音声対話技術を活用し、スマートフォンなどのモバイル端末でAIエージェントと会話するように話すことで業務報告ができるサービスだ。

例えば、営業訪問後の隙間時間に、AIエージェントに対して訪問先や商談内容などを話すと、AIエージェントが自動で内容を分類しCRM注1の各項目にデータを登録。報告者が言い忘れた項目はAIエージェントが聞き出してくれるため、報告漏れがなくなる。同サービスにより、報告者は迅速な業務報告ができ、管理者は報告内容をタイムリーに確認できる。

また、一般的なAIエージェントのシステムでは、AIとのやりとりのルール(対話シナリオ)を専門家が作成する必要があるが、同サービスはCRM情報と連携して対話シナリオを自動生成するので、管理者は報告してほしい項目を設定するだけで対話システムを作成でき、顧客自身でAIエージェントの作成・編集を簡単に行うことができる。

さらに、CRMとしてSalesforceを利用する顧客は、「RECAIUSコネクト」を活用することでデータ連携用の初期構築は不要で、導入した日から利用できる。

Previous

富士通、ものづくり分野で設計データからシミュレーション結果をリアルタイムに予測する技術を開発

富士通研究所、正解が少ないデータでも高精度に学習するAI技術「Wide Learning」を開発

Next