オムロン、i-BELTサービス第2弾「現場課題の見える化・分析サービス」を開始

オムロン株式会社は、製造現場のデータを元に顧客と共創する、現場データ活用サービス「i-BELT(※)」の第2弾「現場課題の見える化・分析サービス」を2018年10月から開始する。同サービスは、製造現場のさまざまなデータをリアルタイムで見える化するツール「i-BELT Viewer」を用いて現場データと工場の経営指標をひもづけて分析することで、工場の経営課題の真因を浮き彫りにし、経営と現場が一体となった課題解決に貢献するという。

近年、モノづくり現場で製品が多様化、複雑化する中、収集したデータを活用し、生産性や品質を維持向上していくニーズが高まり続けている。こうした中、装置単体の課題解決にデータを活用する取り組みは進みつつあるが、工場全体の課題解決には、現場のデータと工場の稼働、品質状況に関わる指標を関連付けて見える化することや、分析する人材を確保する必要があるなど、多くの障壁が存在するという。

同サービスは、顧客の現場データをさまざまな形で収集できる多くのFA機器ラインナップをもとに、オムロンのエンジニアが現場課題の見える化から課題の真因の特定、現場の革新までを一貫して提案・支援するサービス。

オムロンは、これまで自社工場で得られた知見をもとに、350社以上の顧客の現場でエネルギー利用と品質に関わるデータの相関関係を見える化する環境を提供してきた。これまで現場で培ったノウハウを持つオムロンのエンジニアが、顧客の現場に応じた、最適なセンサーの取り付け位置の調査・提案から、「i-BELT Viewer」の導入とその活用までをサポート。

「i-BELT Viewer」は、収集データを「生産進捗」、「直行率」、「稼働率」、「エネルギー量」といった指標の数値やグラフとして工場全体を一元監視することで、工場の状態を俯瞰的に把握することが可能になる。また、工場全体から現場の装置単体まで階層別に見える化することで、工場経営課題と各装置の状態がいかに関連しているかを視覚的に把握・共有し、現場のメンバー一人一人が工場長の視点で課題解決に取り組むことが可能になる。

オムロンのエンジニアは、見える化したデータを詳細に分析し、課題の早期解決にむけた提案を継続的に行うという。

「現場課題の見える化・分析サービス」の概要は以下の通り。

  • 1stステップ 課題の見える化・診断サービス
    1. 事前提案
      お客様の設備環境に合わせたデータの収集・活用プランを提案
    2. システム設計・導入
      課題解決のために、オムロン独自のノウハウで導き出したセンサーの取り付け位置を提案
    3. 見える化ツール「i-BELT Viewer」の立ち上げ支援
      初期設定や利用方法のトレーニングで課題発掘に必要なノウハウを提供
    4. 収集データを見える化・診断
      見える化ツールで現場のデータを全体俯瞰し、数値やグラフでトレンドを表示、診断
  • 2ndステップ 分析サービス
    1. 収集データの分析
      現場課題に応じて「生産管理」、「品質保証」、「設備効率」、「エネルギー」の観点で分析
    2. 解決策の提案
      課題の早期解決策に向けた提案を継続的に実施

※i-BELT:1.データの収集・蓄積、2.データの見える化・分析、3.機器の制御を行う3つのサービスで成り立つオムロン独自の現場データ活用サービス。20万種に及ぶ制御機器のデータを簡単に収集・蓄積し、見える化・分析した結果を機器の制御にフィードバックする。

【関連リンク】
i-BELT
i-BELT「現場課題の見える化・分析サービス」

Previous

トッパンフォームズ、データ流通事業を開始

富士通研究所、業種業界を超えたデータ流通の信頼性を向上する技術を開発

Next