IoT人気記事ランキング|”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動など[9/17-9/23]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ

株式会社FAプロダクツ、MODE, Inc.(本社:米国カリフォルニア州)、株式会社神戸デジタル・ラボの3社は、製造業に特化した高速クラウドサービス「FA Cloud」を共同開発し、9月末より提供を開始する。
詳細はこちら

2位 データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー

IoT時代の事業発展において、データ活用が重要であることは多くの企業が理解している。しかし現状では、自社データを自社で利用するケースにとどまっており、データを提供、もしくは外部データを入手するといった「データ流通」には二の足を踏んでいる状況が見受けられる。さまざまなハードルを乗り越えて、データを流通させようとしても、スタンダートな仕組みやルールが明確ではない。
詳細はこちら

3位 NTTアドとNTTドコモ、訪日外国人動態情報を使った「47都道府県基礎分析レポート」の一部を公開

株式会社エヌ・ティ・ティ・アド(以下、NTTアド)は自身が持つ訪日外国人動態データと株式会社NTTドコモの持つデータを活用して、「47都道府県基礎分析レポート」を制作、その結果の一部をサイトにて一般公開した。
詳細はこちら

4位 オフィスIoTのあるべき姿を再考する -インフォテリア代表取締役 平野氏、CTO北原氏インタビュー

データ連携の分野でシェアのある「ASTERIA」というプラットフォームを持つ、インフォテリア株式会社が、IoTでの実装を簡単にするためにGravio(グラヴィオ)という製品をリリースしたのが、2017年のことだ。それから1年、様々な現場で実装してきた中で、さまざまなフィードバックを得ることができたのだという。
詳細はこちら

5位 パナソニック、LINE連携・危機管理情報を通知する住宅機器コントローラーを開発

パナソニック株式会社は、LINEアプリやスマートスピーカーなどを用いて家電を操作でき、さらに気象警報や避難情報などの危機管理情報をリアルタイムに通知・表示する住宅機器コントローラーを開発した。同機能を搭載した新製品は、2019年夏頃の発売予定だという。
詳細はこちら

6位 【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ

株式会社FAプロダクツ、MODE, Inc.(本社:米国カリフォルニア州)、株式会社神戸デジタル・ラボの3社は、製造業に特化した高速クラウドサービス「FA Cloud」を共同開発し、9月末より提供を開始する。このほど、3社より「FA Cloud」の詳細について話を伺うとともに、日本の製造業IoTの課題と対応策について議論した。本稿ではその後編をお届けする(前編はこちら)。
詳細はこちら

7位 富士通研究所、正解が少ないデータでも高精度に学習するAI技術「Wide Learning」を開発

株式会社富士通研究所は、学習に必要な量のデータを取得できない場合にも、高精度な判断が可能な機械学習技術「Wide Learning(ワイドラーニング)」を開発した。
詳細はこちら

8位 デルタ電子、IoT/AIスマートホーム・マネジメントシステム「CONSCIOUS」を発表

デルタ電子株式会社は、エネルギーや環境問題などを解決するHEMSのさらなる普及促進を図るため、住まいのライフラインとなる電気、空気、水道、ガス、照明、家電など、あらゆるエネルギー消費量を家の中や外出先から可視化、スマートな管理、自動制御や遠隔制御を可能にする、次世代型IoT/AIスマートホーム・マネジメントシステム「CONSCIOUS」を発表した。
詳細はこちら

9位 「プラットフォーム」はなぜ必要なのか、その分類と理想像 —八子知礼×小泉耕二

「プラットフォーム」は曖昧な言葉だ。Microsoft Azureも、「LANDLOG」(土木建築業)や「Field System」(製造業)などの業界別プラットフォームも、社内のデータを一元管理するプラットフォームも、Googleの検索エンジンも、すべて「プラットフォーム」だ。
詳細はこちら

10位 NECプラットフォームズ、機器のLTE/3G通信を容易に実現する小型M2Mアダプタ「EA01A」を発売

NECプラットフォームズは、通信機能を持たない機器に対して、LTE網や3G網を介したネットワークアクセスを実現する、小型で設置容易性に優れたM2Mアダプタ「EA01A」を本日発表し、9月25日より販売を開始する。
詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

IoT人気記事ランキング|IoT競争の焦点は「データエコシステム/Data as a Service」 ―IDC Japan 鳥巣氏 講演など[9/10-9/16]

マルハニチロ、工場のデータ統合管理基盤をキヤノンITSと構築

Next