ルネサス、中国IoT市場の発展に向けアリババと協業

ルネサス エレクトロニクス株式会社(以下、ルネサス)は、本日9月25日、中国IoT市場のさらなる成長を加速させるため、Alibaba Group Holding Inc.(以下、アリババ)の子会社、Alibaba Cloudとの戦略的提携を発表した。ルネサスは、アリババのIoT向け組み込み用OS(Operating System)、AliOS Thingsの「RX65N」「RX651」マイコンでのサポートを開始し、オンライン販売のチャネルを拡張、アリババのIoTエコシステムに参加する。

  1. RX65N、RX651マイコンが、組み込み用AliOS Thingsをサポート
    AliOS Thingsのベーシックバージョンをサポートしている16ビットマイコン「RL78ファミリ」に引き続き、今回、より高性能な32ビットマイコンであるRX65NとRX651が、AliOS Thingsのアドバンストバージョンをサポートする。RX65N、RX651にAliOS Thingsを搭載することにより、開発者は容易にIoTデバイスをAlibaba Cloudに接続できる。RX65N、RX651には、ルネサスのトラステッドセキュアIP(TSIP)が内蔵されているため、TSIPで保護された暗号化鍵と、フラッシュメモリのメモリ保護機能で守られた認証プログラムにより、IoTデバイスに対して高いRoot of Trustを提供。これらのセキュリティ機能により、ユーザはIoTデバイスをサイバー攻撃の脅威から守り、安全にファームウェアのアップデートを行うことができるとしている。
  2. ルネサスのフラグシップ店がTmallに公式オープン
    ルネサスは、中国有数のB to Cショッピングサイト、「Tmall」にフラグシップ店をオープンした。汎用の半導体製品に加えて、ルネサスはTmallフラグシップ店にAliOS Thingsのコーナーも設け、IoTユーザにAliOS Thingsに対応するマイコンや、ボードなどのキットソリューションを提供。
  3. IoTエコシステムを共同で構築
    より良いIoTエコシステムを構築していくため、ルネサスはAlibaba Cloud UniversityとICA(IoT Connectivity Alliance)に参画し、アリババの完全なエコシステム構築の支援を計画している。Alibaba Cloud Universityを通して、ルネサスはIoTデバイス開発に関するオンラインとオフラインのコースを設ける予定。ルネサスはまた、より多くのICAメンバーと協力して新しいアライアンス規格を策定し、さらに中国および国際的なIoT規格の策定を通してIoT市場のさらなる発展に貢献していくという。

【関連リンク】
Alibaba Cloud

Previous

ABEJA、店舗の導線分析とECをかけ合わせ検証

パナソニックの高速電力線通信技術「HD-PLC」、台湾電力のスマートメータに採用

Next