ルネサス、IoT機器を簡単にセルラー接続する「Renesas Synergy AE-CLOUD2キット」発売

ルネサス エレクトロニクス株式会社(以下、ルネサス)は、IoT機器をセルラー回線で簡単にクラウド接続できるRenesas Synergy「AE-CLOUD2」キットを発表した。このキットにより、ユーザはLPWAセルラーでのIoTアプリケーションの早期構築が可能となる。現在、世界のルネサス販売代理店で推奨再販売価格1個US$199.00で販売、日本国内でも販売代理店からこれに準じた価格にて10月中に発売予定だ。

「AE-CLOUD2」キットは、新たな「Synergy Software Package(SSP)」v1.5.0と組み合わせて使用することで、IoTセンサデバイスのエンタープライズクラウドサービスへの接続を、4G/LTE Cat-M1およびCat-NB1(いわゆるNB-IoT)を用いて簡素化することができるという。

キットは豊富な機能を備えており、アセットトラッキング、小売りや農業向けモニタリング、スマートシティ/ユーティリティ、モバイルヘルスケア、産業オートメーションなどに使用されるセルラー回線を使ったIoTデバイスのプロトタイプ開発を加速させるという。

「AE-CLOUD2」ハードウェアキットには、Synergy 「S5D9 microcontroller(MCU)」搭載のベースボードとセルラーとGPSアンテナ付き3モードのセルラーモデム、Wi-Fi、イーサネットなどの通信機能、および照明、マイク、気温、湿度、気圧、大気質、地磁気、加速度、およびジャイロスコープなどの様々なセンサが搭載されている。ユーザは、各地域の携帯電話キャリアで購入したデータ通信に対応したSIMカードを挿入するだけでセルラー網にアクセスすることができる。

キットのソフトウェアを使用することで、4G/LTE IoTセルラー網と、Amazon Web Services、Google Cloud Platform, Microsoft Azure、Medium One Cloudなど任意のクラウドサービスプロバイダへの接続が可能。またユーザは、ルネサスが用意したダッシュボード上で、センサからのデータを視覚化することができるという。

「AE-CLOUD2」ハードウェアキットは世界各地のRFエミッション試験に合格しており、EMCパフォーマンスが保証されている。さらに、AE-CLOUD2キットはFCC、CE、RoHS、WEEE、および日本の総務省の規制への準拠など、各地の証明を取得している。

同キットのハードウェアとソフトウェアはIoTアプリケーション開発に最適化されており、ユーザはスケーラブルで低消費電力、かつセキュアに世界中どこでも使用できるエンドツーエンドのLPWAセルラーを用いたIoTアプリケーションを、何か月もの設計時間とリソースを大幅に削減して開発することが可能だという。

「AE-CLOUD2」キットの主な機能は以下の通り。

  • Synergy S5D9 MCU ベースボード
  • Quectelの超低電力BG96セルラーモジュール(4G/LTE Cat-M1、Cat-NB1および2G/EGPRS対応)
  • データをサンプリングして計測データをクラウドに送信するための各種センサ類
    ・ルネサスの環境計測用デジタル赤外線/照度センサ(ISL29035)
    ・BOSCHの加速度計、ジャイロスコープ用MEMSセンサ(BMI160)
    ・BOSCHのコンパスナビゲーション用3軸地磁気MEMSセンサ(BMM150)
    ・BOSCHのガス、気温、湿度、気圧計測用MEMSセンサ(BME680)
    ・Knowlesの音や声のキャプチャ用アナログマイク(SPM0687LR5H-1)

SSP v.1.5.0の主な機能は以下の通り。

  • カスタマイズ可能なプロダクショングレードのソフトウェア
  • ThreadX RTOS(Real Time Operation System)
  • クラウドサービスとのセキュアなコミュニケーションを実現するNetX Duo MQTT(Message Queuing Telemetry Transport)およびNetX Secure TLS(Transport Layer Security)
  • HTTPSクライアントとHTTP 1.1クライアントをサポート
  • クラウドサービスに接続するための無線通信の実装を容易化するワイヤレスフレームワーク群
  • セルラーフレームワークはデータ通信用ネットワークの構成、設定、通信のためのAPIを提供
  • AE-CLOUD2をそれぞれのクラウドサービス(Amazon、Microsoft、Google、Medium
    One)にイーサネット、Wi-Fi、LTE IoTセルラーを通して接続するためのリファレンスコードとマニュアルを含むサンプルプロジェクト
Previous

安川電機、人協働ロボット「MOTOMAN-HC10DTハンドキャリータイプ」を発売

NTTデータ、重篤な疾病をAIで分析する「AI画像診断支援」インドでの実証実験を完了

Next