NTTデータ、重篤な疾病をAIで分析する「AI画像診断支援」インドでの実証実験を完了

株式会社NTTデータと、NTTデータのアメリカ子会社であるNTT DATA Servicesは、インドのDeenanath Mangeshkar病院(※1 以下、DM病院)にて、2018年春にAI画像診断支援ソリューションの実証実験を実施した。

同ソリューションは、患者の医療画像から重篤な疾病をAI技術で分析し、疾患の可能性がある箇所を画像上とテキストで示す。放射線科医の診断を支援するものだ。脳出血をはじめとした12種類の疾病に対応している。実証は肺気腫を対象にCT画像を使って行われ、より多くの患者検出に貢献することを確認したという。

NTT DATA Servicesでは、医療画像のアーカイブソリューション「Unified Clinical Archive」(※2 以下、UCA)を約1100の医療施設に提供している。このUCAはクラウド型のソリューションであり、190億枚をこえる画像をアーカイブしている。NTTデータは、UCAの顧客の協力と蓄積したノウハウに加えて、医療画像に疾患情報ラベルを付与するアノテーション・ソリューションをもつアメリカのMD.ai(※3)と提携することで、AI画像診断支援ソリューションを開発した。

放射線科の医師は無数の疾病の中から患者の症状の原因を診断する必要がある。同ソリューションは、AI画像診断支援ソリューションベンダー2社(※4)と提携することで、より多くの疾病に対応している。

NTTデータ、重篤な疾病をAIで分析する「AI画像診断支援」インドでの実証実験を完了

同実証はNTTデータのインドにおけるパートナー会社であるDeepTek(※5)と連携して行われた。実証は、肺気腫を対象に患者データ389名分のCT画像をAI画像診断支援ソリューションで診断。従来の診断では、17件の肺気腫が報告された一方で、同ソリューションは56件を検出。

差分は、医師が緊急の治療が不要と判断した軽度の肺気腫であることが分かり、同ソリューションがより網羅的なレポート作成や、将来のリスクを含めた診断の支援が可能であるといえる。また、誤検出は結核患者を抽出していることが判明し、先進国ではあまり見られない結核が影響したことがわかったという。

NTTデータは、同ソリューションのグローバル展開を計画しており、複数国の患者に有効であることを確認するため、アメリカに次ぎインドで実証を行い、さらに2018年度中に日本の病院との実証実験も予定している。

※1 インド、プネ市にある、800床をもつ市内最大規模の総合病院で、正式名称は、Deenanath Mangeshkar Hospital and Research Center(読み:ディーナナス・マンゲッシュカー・ホスピタル・アンド・リサーチ・センター)。
※2 医療画像のアーカイブソリューション「Unified Clinical Archive」(読み:ユニファイド・クリニカル・アーカイブ)クラウド型のソリューションであり、190億枚をこえる画像をアーカイブしている。
※3 MD.ai社(読み:エムディー・ドット・エーアイ)は放射線科医によってアメリカで設立され、医療画像に対する診断情報を付与するためのソリューションを提供するスタートアップ。画像やテキストデータを活用して、診断情報付与の自動化・効率化を行うソリューションを提供している。
※4 NTT DATA Servicesでは、UCAにパートナーソリューションを含む、AI診断ソリューションを統合している。
※5 DeepTek社(読み:ディープテック)は、インドに本社をおきAI医療画像診断ソリューションおよび、遠隔読影サービスを提供するスタートアップ。NTTデータは、同社に出資を行い連携の強化を図っている。

Previous

ルネサス、IoT機器を簡単にセルラー接続する「Renesas Synergy AE-CLOUD2キット」発売

LINEとNIED、LINEの防災向けAIチャットボットアカウントを新開設、防災・減災に向けて連携

Next