ぷらっとホームのIoTゲートウェイ、全モデルでリモートマネジメントサービスが利用可能

2018年9月27日、ぷらっとホーム株式会社は、IoTゲートウェイ製品シリーズ「OpenBlocks IoT Family」(以下、OpenBlocks IoT)の全てのモデル(※1)で、IoTゲートウェイリモートマネジメントサービス「AirManage 2」が標準で利用可能になったと発表した。

OpenBlocks IoTの全モデルで「AirManage 2」のサブスクリプションを標準で1年間利用可能となり、既にOpenBlocks IoT製品を使用中の顧客に対しても必要な申請をするとサブスクリプションを無償で提供(※2)するという。

AirManageはIoTゲートウェイ製品OpenBlocks IoTに対してリモートマネジメントを提供する SaaS型のサービス。システム管理者が遠隔地からIoTゲートウェイに対し、設定・監視・ソフトウェアアップデートなどの運用で必要なメンテナンスをセキュアに実施することができる。

AirManage 2は、AirManageの機能が大幅に拡充され、二段階認証によるセキュリティの強化やAPIによるシステム連携機能を実装。また、多国語対応により日本語以外の言語を使う管理者や運用者にも対応できるよう、操作画面の英語を含むマルチランゲージ化を実現。大型外部システムとの連携を可能とするAPI実装もサポートし、従来より好評のIoTゲートウェイリモートマネジメントサービスがさらに内容充実し、本日から利用可能だ。

AirManage 2の新しい機能や特⻑は以下の通り。

  • システム管理者の本番運用をこまやかに支援する充実の基本機能
    ・管理画面の日本語・英語の両言語表示対応や、IoTゲートウェイ(ノード)の設置場所ごとにタイムゾーンの設定、現地タイムゾーンの時刻にて各種実行予約が可能となった。
    ・オンデマンド接続時のWeb UIアクセスに対応。
    ・大規模な上位サービスプランへの変更時に、既存のテナント内にある各ノードの設定情報を一括で移行できるようになった。
  • 2段階認証によるセキュリティの強化
    管理者ログインがワンタイムパスコードを使った2段階認証に対応し、より強固なセキュリティを確保できる。
  • API による外部システムとの連携への対応
    IoTゲートウェイの管理対象の台数が大規模化すると、システム管理者による管理画面からの手動操作が困難になるケースがある。本番で大量のIoTゲートウェイを円滑に管理するため、AirManage 2は外部システムとの連携を実現するAPIの実装が可能。対象IoTゲートウェイを手動によらず一括操作をしたり、外部管理システムとAirManageを連携した総合的な状態監視やシステムメンテナンスなど、より高度で効率的なIoTシステムの運用がAirManage 2のAPIより可能となる。

AirManage 2の機能の詳細は以下の通り。

  • 遠隔監視
    全てのOpenBlocks IoTが正常に稼働しているのかを管理画面から一括で確認可能。さらに顧客のIoTシステムの運用形態により2種類の接続形態から選択できる。
    ・常時型:常に監視セッションをAirManage 2サーバーと保ち、5分間隔でステータスをAirManage 2サーバーに反映。
    ・オンデマンド型:指定した時間間隔でセッションを開始し、ステータスなどの情報を交換後にセッションを切断するため、回線負荷、コストの低減が可能。
  • リモートWEB UIアクセス
    AirManage 2のサーバーを経由し、管理下にあるOpenBlocks IoTのWEB UI画面へリモートでアクセスする事ができ、個々の設定変更や確認ができる。ま
    た、同機能はオンデマンド型・常時型接続のどちらでも利用可能。
    ぷらっとホームのIoTゲートウェイ、全モデルでリモートマネジメントサービスが利用可能
  • リモートアップデート機能
    設置・導入済みのOpenBlocks IoTのソフトウェアバージョン情報を監視し、常に最新のソフトウェアに自動でアップデートする事が可能。また、OpenBlocks IoT のソフトウェアだけでなく、顧客自身がOpenBlocks IoTへ追加したソフトウェアのアップデート管理も可能。
  • グループ管理機能
    個々のOpenBlocks IoTをグループ分けすることができ、グループ毎に接続形態の設定やアップデートの実行が可能。
  • 時間指定アップデート機能
    グループ内のOpenBlocks IoTごとに、指定した時間にアップデートを開始する事が可能。
  • サポートログ取得機能
    OpenBlocks IoT にソフトウェア障害が発生した際、解析に必要なログをリモートで取得可能。

OpenBlocks IoT全モデル(※1)に付属するサブスクリプションはAirManage 2のサービス使用権をはじめ、Q&A サービス、アップデートの通知サービス、ハードウェアの先出しセンドバックサービスなどが1年間含まれる。また、サブスクリプションサービスは年単位で延⻑加入する事ができ、⻑期的な本番運用を想定する顧客のIoTシステムを強力にサポート。

  • IoT ゲートウェイリモートマネジメントサービス 「AirManage 2」
    複数台のOpenBlocks IoTをリモートで一括管理可能なSaaS方式で提供されるサービス。複数個所に設置されたOpenBlocks IoTの一括ファームウェアアップデートや、OpenBlocks IoTのWEB U にリモートアクセス等が出来る。
  • Q&A サービス(※3)
    ・製品導入時のセットアップ方法に関するお問い合わせに対応。ビーコンやセンサー等のIoTデバイスの登録方法に関する問い合わせに対応。(※4)
    ・不具合に対する対応を提供。(例:Debian パッケージの不具合対策版有無の問い合わせ対応)
  • 通知サービス
    新しいソフトウェア公開時、登録アドレスへ通知するサービス。(※5)
  • 先出しセンドバックサービス
    ハードウェア故障時、交換品を先出しにて発送する。(※6)

OpenBlocks IoT は、「都市」「工場」「通信インフラ」「ビルディング」「ホーム」等の多数の用途に採用されており、IoTに必要となる機能をサポートした汎用IoT ゲートウェイ。IoTに必要とされるエッジコンピューティングの機能や、有線・無線による多様なインターフェイスを備え、さらに各種IoTクラウドシステムとの通信プロトコルを標準サポートし、顧客のIoTシステムの実現を支援する。

OpenBlocks IoTの特⻑は以下の通り。

  • IoT ゲートウェイソフトウェア”FW”を搭載
    柔軟で高速なデバイス/クラウド間通信をサポートするメッセージハンドリングシステムを搭載。OpenBlocks IoT 内部のアプリケーションモジュールのプロセス間通信を柔軟かつ高速で実現できるよう設計され、エッジ側に様々な機能のアプリケーションモジュールの実装を可能とし、柔軟で高性能なIoTエッ
    ジコンピューティングを実現。また、マルチデバイス・マルチクラウドをサポートしており、顧客のさまざまなIoTシステムに柔軟に対応可能。
  • 小型・ファンレス・堅牢かつ多様なインターフェイスをもつ筐体
    OpenBlocksシリーズの基本コンセプトである超小型・超軽量サイズを踏襲し、壁面や天井などのさまざまな空間への容易な設置ができる。また、BLEやシリアルポートなどのモノとつなぐインターフェイスや、LTE/3G・BWA・Ethernetをはじめとするクラウドや上位ネットワークとの通信インターフェイスにも対応。

※1 終息製品 OpenBlocks IoT VX1は対象外。
※2 既設品のアップグレードによる AirManageの無償提供期間は2019年9月30日まで。それ以降は有償プランへの移行又はサブスクリプションの延⻑加入にて利用可能。
※3 同社ソフトウェアを標準仕様のまま使用している際に提供可能なサービス。顧客によるソフトウェアの追加等、カスタマイズし使用されている場合、サービスの提供を断る場合がある。
※4 同社標準サポート機器のみが対象。
※5 ソフトウェア(カーネルを含む)は重大な脆弱性が発見された場合に提供。
※6 ハードウェア保守へ加入中又は無償修理期間中であり、同社製品保守担当者の指示のもと顧客にて切り分け作業を行った結果、同社が故障と判断した場合に限る。

Previous

感性解析AIのSENSY、Right-onのECサイトでスタッフのセンスが反映されたレコメンドサービス「ONIAI」開始

Arm、自動運転の安全性強化する「Arm Safety Readyプログラム」と自動運転対応プロセッサを発表

Next