KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社(以下、KCME)が提供するIoTプラットフォーム「miotinc(ミオティンク)」が
本日2018年10月1日にバージョンアップを行った。

miotincは、LPWAでサービス展開されている、Sigfox、NB-IoT、LoRaの通信機器で取得したデータを収集し、可視化が可能。基本サービス内容は以下の通り。

  1. グラフ表示(線グラフ、棒グラフ、ドーナッツグラフ、タコメータ)
  2. MAP表示
  3. 多言語化(日本語/英語/韓国語)
  4. デバイスセキュリティ
  5. ユーザー管理

本日アップデートされた項目は以下の通り。

  1. デバイス管理
    顧客が購入したデバイスを登録・管理することが可能。
    KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始
  2. ペイロード管理
    デバイスが送信するデータをmiotincに格納する際の変換設定が可能。設定方法は以下2種類から選択できる。
    ・Sigfoxペイロード変換
    Sigfoxの12byteのデータ変換をmiotinc上で登録可能。グラフやマップでは変換後のデータが反映される。
    ・JSON登録
    データの変換が必要無い場合は、デバイスが送信するデータ(JSON形式)をmiotincに登録することでデータの可視化ができるようになる。
    KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始
  3. メッセージ通知(LINE等)
    登録したデバイスに設定する閾値を超えた場合などに、Eメール・LINE・WhatsAppを使い通知を受け取ることが可能。
    KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始
  4. コールバック機能
    miotincに送信されたデバイスのデータを加工せずに指定のURLやクラウドサービスへデータを転送できる。
    KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始
  5. 課金計算
    プラットフォームの利用料を月単位で表示し、デバイス追加の際は、日割りでの料金表示を行う。詳細テーブルにて更に細かい1日単位での各サービスごとの利用状況を把握する事が可能。
    KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始
  6. 多言語化拡張(中国語)
    既に対応している日本語・英語・韓国語に加え、中国語対応が可能。
    KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始

【関連リンク】
KCCSモバイルエンジニアリング(KCME)

Previous

コージェントラボと京都電子計算、LGWAN対応の自治体向けAI手書き文字認識サービス提供開始

KCME・田中電気・岡山情報処理センター、Sigfox活用したアンケート集計システムを開発

Next