KCME・田中電気・岡山情報処理センター、Sigfox活用したアンケート集計システムを開発

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社(以下KCME)、田中電気株式会社、株式会社岡山情報処理センター(以下、OEC)は、Sigfoxネットワークを使い3つボタンデバイスを用いたアンケート集計システムを開発した。

同システムでは、データ通信に新無線通信技術LPWAの1つである、低コストかつ低消費電力での通信が可能なIoTネットワークSigfoxを採用。Sigfoxマルチアダプタと3つボタンデバイスをシリアルインターフェイスで接続し、最小10分間隔でSigfoxクラウドに送信。アンケートシステムに集計され、表示される。

Sigfoxを用いたことで通信コストを抑えた運用が可能になるとともに、電池で稼動するため設置場所を選ばず、店頭や展示会、イベント等でボタンを押すだけでユーザーの声をリアルタイムに確認できるという。

KCME・田中電気・岡山情報処理センター、Sigfox活用したアンケート集計システムを開発

また、専用アプリケーションを使用することで、指定の期間内での時間別、日別の集計が可視化可能。
KCME・田中電気・岡山情報処理センター、Sigfox活用したアンケート集計システムを開発

【関連リンク】
KCCSモバイルエンジニアリング(KCME)
田中電気(Tanaka Denki)
岡山情報処理センター(OEC)

Previous

KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始

工場・物流倉庫で活用、ゼネテックが3D IoTシミュレーションソフト「FlexSim」日本語版の提供を開始

Next