JR東日本、サインポスト開発のAI無人決済システムの実証実験を赤羽で実施

東日本旅客鉄道株式会社とJR東日本スタートアップ株式会社は、サインポスト株式会社が開発したAI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を使って2018年10月17日から約2か月間、東京都北区の赤羽駅5・6番線ホーム上店舗で実証実験を実施する。

この「スーパーワンダーレジ」は、東日本旅客鉄道とJR東日本スタートアップがベンチャー企業と協業し新たなビジネス・サービスを実現する 「JR東日本スタートアッププログラム」のアクセラレーションコースにおいて、2017年度最優秀賞を受賞したサインポストが開発し、昨年11月に大宮駅でも実証実験が実施され約2,000名が体験した。

今回の実証実験では、商品認識率と決済認識率を向上させるほか、新たに複数人を同時に追跡して決済を可能にすることで、無人決済店舗の実用化を目指すという。

実証実験での買い物手順は以下の通り。

  1. 店舗入口で交通系電子マネーをかざして入店
  2. 売場の商品棚から商品を手に取り、決済ゾーンへ
  3. 壁掛けディスプレイで購入する商品名と合計金額を確認
  4. 交通系電子マネーで決済
  5. 決済が完了すると出口ゲートが開く

実証実験でのAI無人決済システムの動きは以下の通り。

  1. 天井に設置されたカメラが来店客を認識
  2. 商品棚にそれぞれ設置されたカメラ等のセンサーにて、客が手に取った商品を認識
  3. 自動的に購入商品の合計額を算出し、壁掛けディスプレイに表示

【関連リンク】
JR東日本(JR East)
JR東日本スタートアップ(JR East Start UP)
サインポスト(Signpost)

Previous

Ayla NetworksとTata Elxsi、CSPを支援するパートナーシップを締結

キヤノンMJが金属技研に金属3Dプリンターを納入、重工業や自動車分野の部品量産用途向けに金属3Dプリンター事業強化

Next