九州電力とオプティム、AI・IoTの活用で戦略的提携

九州電力株式会社と株式会社オプティムは、今後AI・IoTなどを活用した新たなサービスや新規事業の検討・開発に関する様々な取組みにおいて、継続的に連携・協力していく「戦略的提携」を締結した。

主な取組みは以下の通りだ。

  • 設備保全や現場作業をAI・IoT等で支援するフィールドワークサービス
  • 農林水産業における生育管理や品質管理をAI・IoT等で支援するサービス
  • データ分析や活用支援サービス
  • AI・IoT等を活用したスマートシティ向けの都市開発ソリューション
  • その他両社の強みを活かし、協業できるサービス・事業等

なお、将来性・拡張性の高い具体的な取組みを、より機動的かつ安定的に展開していくため、将来の資本的連携についても検討していくとした。

【関連リンク】
九州電力(KYUSHU ELECTRIC POWER)

Previous

ボッシュのスマート農業サービスが中国・韓国に進出、日本国内で4000台のデバイス受注

セラク、農業IoTサービス「みどりクラウド」で新たに環境制御サービスを開始

Next