方正とアスコン、AIを活用したチラシ校正システムを開発

方正株式会社と青山商事株式会社のグループ企業である株式会社アスコンは共同で、AIを利用したチラシ校正支援システムを開発した。

スーパーやドラッグストアの折込チラシの制作過程では、発注側と受注する制作会社側で何度も校正のやり取りが発生し、全制作工程のうちかなり大きな時間を要している。また、制作オペレータは、訂正原稿と最新の制作データを目視で照らし合わせながら変更作業を行っており、大量の変更指示を漏れなく反映することは難しいという。

今回開発されたAI校正システムは、チラシ原稿の文字データと制作結果の画像データをAIが自動識別・比較し、校正モレの箇所を発見する。校正に掛かる時間とミスを軽減でき、制作効率と品質が向上するという。

【関連リンク】
方正(Founder)
青山商事(AOYAMA TRADING)
アスコン(ascon)

Previous

NEC、スマートファクトリーの実現に向け「無線通信課題コンサルティング」サービス開始

アイ・サイナップ、LPWA活用したモノを見守り監視するサービス「ミテテル」提供開始

Next